1位

  • ニチアサ以外はやってます! (1)

  • 猫にゃん

とある女子高の中庭に建つ小さなプレハブ小屋。
そこでは「特撮」に魅入られた厄介なオタクたちが
日々ヒーローや怪獣の制作に励んでいた!

バツグンの運動神経を見出された1年生・海城あかねは、
スーツアクターとして廃部寸前の特撮研を救えるか?

王道でありながら先鋭! 青春を駆ける映像制作まんが、第1巻です。

quoted from Amazon

特撮! それは特撮! ということで、特撮を愛するもの、または愛し始めたものたちの諸々。基本ゆるいというきららフォーマットに見えつつ、節々にオタとして考えさせられるムーブが秘められており、それで襟がオートで立つ仕儀となっています。特撮に対してはガチなんよ。今、特撮にもっともガチな作品として、山口貴由『劇光仮面』とタメを張る、というやつです。
4コマという表現の新たな可能性に迫る傑作にして、王道の部活もの青春物語です。あちこちに散りばめられた味付けの異様な特撮パロはむしろわからないほうが本編に集中できるくらいなので、特撮知らない4コマ好きの皆様方は是非是非よろしくお願いします。
第一話の時は特撮になじみがないこともありそれほどって感じでしたが、きらら愛を感じる部分で好きになっていき、元ネタが分からなくても特撮等のネタも楽しめるようになっていきました。
キャラの濃さも、上手く溶け合っててとても面白いし、話の構成もとてもいいなと感じます。
そして何より、第12話前半のあの伝説の作品をオマージュした構成が、オールドきららファンには超興奮ものです。
第13話の猪里さんのお姉さんぶりも好きです。
新しい演出に意識的な作品はそれだけで評価が上がる。加えてこの作品にはとんでもない熱量が込められている。クセの強さなんてどうでも良くなるくらいのスピード感で駆け抜ける先に誰も見たことのない地平が広がっている。そんな期待を抱かせてくれる。
現在の連載作品で最も「きらららしい」と感じられる作品。本作は特撮をテーマにしているが、特撮の知識が無くても読めるように作られている。高校の特撮研を舞台に各メンバーが厄介なこだわりをぶつけつつ「好き」を表現する青春を描いているが、こういった光景は特撮の分野に限って見られるものではなく、色々な分野のいわゆる厄介オタクに通じるところがある。新時代における趣味日常ものの作品と言えるだろう。また本作は4コマ漫画という枠を生かした表現手法もふんだんに取り入れられており、細かく見ていくと面白さが何倍にも増幅していく奥深い作品でもある。
強固な一本の軸にマニアックなネタと4コマというフォーマットで可能な様々な技法をトッピングした傑作です。
特撮ネタがわからなくても楽しめますし、読み終わった後に元ネタがわかる人がなんか楽しそうに盛り上がってるのを見るのもまた一興と言えるでしょう。
特撮と4コマの愛が伝わってくる作品。好きなものは面倒なぐらい好きであれ。コマ枠の活用も巧みで4コマ漫画の1つの完成形と言えるのではないだろうか。
4コマ漫画の表現ってこんな自由なんだ!と感動した作品。コマ割りが独特で動きがあって面白いし、何より12話の構図には感動した。天才!
ガチでニチアサ俳優公認作品になるのはズルいっしょ。
本編は特撮作りの熱い部活ものなのに、作者のTwitterと一緒に見ると胡乱度が凄い。正気に戻ったダーウィンとかネタにしないでしょ普通。
残念ながらTwitterでは「悪」の話にもちきりになってしまってますが多種多様な4コマを読み込んで生み出された4コマの枠内で出来る演出技法のオンパレードと「悪」じゃなくても分かる比較的平易な特撮ネタもありますので、実は「悪」に詳しくなくても作者のTwitter見なくても十分に楽しめます。
特撮女子。好きなものを描いている感じが満ち満ちている。
類まれなる身体能力を買われ廃部寸前の特撮研に入部することになった海城あかね。スーツアクターとして特撮研を救えるか!?
4コマという枠において日常系に陥りそうなところをしっかり熱血部活物語の展開を見せる。とにかくアツい。これはやはり「特撮」ならではの王道さをベースとしているからだろうか。
それでいて4コマを活かし広げる演出が見事。4コマの枠を取り払った演出(いわゆるグレーゾーン方式)を、劇中劇という形で表現したのは感嘆の一言。
特撮を知っている方なら思わずニヤッとしてしまう小ネタを挟みつつ、特撮にあまり馴染みのない方も楽しめやすい、可愛さや格好良さを感じられる4コマ作品。特撮愛は勿論、コマ割りのテクニックなどから垣間見える作者の並々ならないきらら愛やこだわりを感じるのも魅力。また、随所における凄い描き込み量も印象に残った。
きららと特撮への深い愛故に丹念に…丹念に作り込まれすぎた力作。
特撮ネタは知らなくていいです。作者のサブ垢も知らなくていいと思われます。
四コマは一ページに4or8個コマが並んでいるだけで工夫の余地はない...そんなことを思っている非四コマ読者に叩きつけたい一冊。作者の四コマ愛は深く、培われた知見から視線誘導やコマ枠の工夫、対比構造など多彩な表現を活用している。それらを部活で自主制作を行うキャラの衝突、葛藤とその変化を表すため華麗に落とし込んでいる。ニチアサ特撮がらみの知識も私にとって知らないことばかりで勉強になる部分も多く作者の特撮愛と四コマ愛から生まれた逸品。
「自分が好きな四コマ」というのが4otyの理念であることは重々承知しているがそれでもやはり「四コマ漫画」を選ぶ上でこれは外せない。
特撮ときららのコンビネーションにより生まれた作品です。しかもその内容が深くてオタク心をくすぐります。作者である猫にゃんの深い知識が感じられます。登場キャラクターの名前も特撮作品シリーズのエポックメイキング作品の主人公格から取られているのが心憎いのです。部活物としても特撮作品を作り上げるという目標に向けてドラマが進んでいくのがたまりません。最後に表紙の芹沢部長が、ゴジラの芹沢博士の眼帯をビデオを構えて表現するの天才的だと思います。
作者自身が特撮ファンでありネット上で特撮話をしているようなオタクをターゲットにした,一般読者にはわからないような"胡乱"なネタを多分に含みながら,高校の部活ものとして落とし込んでいる.テーマに映像が関わるだけあって,4コマを絵コンテやフィルムに見立てた効果的な配置も印象的な作品.
特撮という珍しいモチーフで描かれるのは、オタクたちのディテールの濃さと、「好き」を貫く趣味ものの王道ど真ん中。その「好き」の説得力は何より、作中の特撮作品のカッコよさに支えられている。4コマという枠組みを逆手に取ったアクションのすごさをどうか見てほしい。
熱量が何回読んでも伝わってきて、読んでいるときの興奮度合いがこれまで読んできた漫画の中でも段違いだった。特撮にあまり詳しくないので読む前はついていけるか不安があったが、特撮がわからなくても十分すぎるほどに楽しめる最高の作品だと思った。
「グレーゾーン」「たらちねパラドクス」に食らった奴ら、これら2作品に連なる文脈の分かる奴らは全員ついて来いよ ここからはニチ以が新たに4コマ漫画表現史を先に進めてシーンの主流を「こちら側」に向ける番だ
4コマ漫画の枠を破壊しながらも4コマ漫画として描かれる12話『暴かれし真実!』は必見。

2位

  • ほぐして、癒衣さん。 (1)

  • ミナミト

ブラックな求人誌制作会社で、日々心と体を蝕まれる入社半年の新人・夏鈴
。ある日先輩で健康オタクの癒衣さんに、体をほぐすマッサージをしてもらうことになるが、その代わりに、癒衣さんの冷え性を良くするためハグをしてほしいと頼まれて…!?

疲れている全ての現代人に贈る、ほぐし&癒し百合4コマ!

quoted from Amazon

人生には癒しが必要だ。そう思うだろ?自分もほぐして欲しい、そう思わずにはいられない4コマ。
心身ともに疲労困憊の新入社員ちゃんに、マッサージする代わりにハグを求める健康オタクの先輩さんのオフィス百合ラブ4コマ。冷え性改善のためとはいえ社内では自重してください!? 快感の期待と罪悪感・背徳感の狭間で揺れ動く様に読んでいてドキドキします。
とにかく笑えるマッサージ系百合ラブコメ。とあるブラック企業入社したカワちゃんは、健康オタクの先輩・癒衣さんのマッサージを受けることになる。しかし二人の関係はエスカレートし、マッサージだけにはとどまらず、二人が夜のオフィスでハグしている姿を目撃した同僚も巻き込み、ときに嫉妬や策略が渦巻く恋愛バトルの様相を呈していく…。愛情表現も込められたマッサージはもはや何かの暗喩にしか思えなくなってくる。登場人物の絶妙にズレた発言は、ギャグ漫画としての強さも生み出している。お気に入りのセリフ:「本当に気持ちのいいときは声が出るものです その声を聞けば納得してくれるはずです…」
社畜百合というあまり見たことないジャンル。社会の辛さも感じつつ、基本的に百合の癒しが強くて楽しく読める作品です。
マッサージの知識もちょっと得つつハグしあうというがっつりな百合も楽しめます。
三角関係から四角関係へと人間関係が濃密になってくのがまた面白い。
2022年12月現在、きらら無印に登場する人物の中で朝霞富美子さんの事が一番大好きです。
現代社会の闇が生み出した一筋の光明 貴重な社会人百合をありがとうございます……
社会の癒やし。こんな先輩がほしいし、かわちゃんみたいなかわいい後輩がほしい。
ブラック企業に勤める二人が冷え性改善を口実に夜の会社でハグします。所かまわずハグします。なので同僚にも当然見られます。新たに甘える人も登場し嫉妬もあり!百合好きなら迷わず買いましょう。
朝霞さんには幸せになってもらいたい。
関係性が好き…あれ?なんかちょっとえっちじゃないすか?
癒されたい、癒してあげたい。この1巻だけでも人間関係が複雑化していっており、それに伴って癒衣さんとカワちゃんそれぞれのハグに対する意識の変化から目が離せない。ハグなんて凄くストレートな感情表現のはずなのに、こんなにしっとりと、ドキドキした関係を見せつけられ、朝霧さんの気持ちを考えるととても心穏やかではいられない。
朝霞さんの負けヒロインっぷりがすごい。メインカプ二人より朝霞さんのピエロぶりがお気に入りなので負けヒロイン好きの皆さんは是非。
生粋の百合漫画ファンというのは 女を好きな女が女を好きな女にハグするってあまりにシンプルな快楽原則の前でね 何度でも最上級にブチ上がって 幾らでも首を縦に振ってしまうものなんすよ
疲労オンナと冷え性オンナが社内でマッサージとハグで癒し合う禁断の…… 
全話通じて「何かイケナイことをしてる……?」感じの表情しまくってるのがとても好きで狂いそう。
ふたりのいやらしいドスケベ互助会を引き続き期待してます。
マッサージの良さがこれでもかと詰まった百合漫画だと思いました。汗と熱と同僚同士の嫉妬。これも一つのオフィスラヴの形では。
この漫画は、あらすじを読んだだけでは想像もつかない官能を内包している。それぞれのキャラクターの属性だけ見ればそれほどセクシーさを感じさせないかもしれない。しかし夜のオフィスの空気が、関係性の交錯があまりに巧みで、体の中の熱を上昇させる。これが百合4コマの最前線だ。
求人誌制作会社の激務からくる不調に悩まされる後輩・カワちゃんと仕事のできる先輩かつ健康オタク・癒衣さんによる体の調子を整えるワンポイント健康知識4コマ、として始まったと思っていましたがいつの間にかこの2人を中心として営業部署の朝霞さんやメディア事業部の八潮さんたちを加えたそれぞれの感情の矢印が錯綜する社会人百合4コマに変貌していました。
クールな見た目ながらカワちゃんへの特別な感情ダダ洩れな癒衣さんのリアクションがツボです。
「海色マーチ」の作者の送る、社畜OL達のマッサージを軸とした色気たっぷりな4コマ漫画。極論を言えば、宮代癒衣さんの何から何までけしからん存在が魅力たっぷりで本作を体現しているといっても良いのです。
『海色マーチ』のミナミト先生新作。前作も好きだったけど、今作はより好みど真ん中な気がする。意味ありげな癒衣さんの態度と、なんかちょっと抜けてるカワちゃんのコンビは最高。
ブラック企業って大変なんやなって‥みんな幸せになって‥
ふわふわした絵柄とさらさらな表紙デザインに反して、劣情溢れる湿っぽい内容となっております。とはいえ露骨なエロ表現は避けられており、キャラたちの羞恥、嫉妬、好意にニヤニヤさせられる作品です。
これは不健全…!
えっちだ……(割りとがっつり社会人百合をやってきてびっくりしたことを覚えています)

3位

  • 死神ドットコム (1)

  • 優しい内臓

ポンコツ社畜死神・メルメルが人間界で出会ったのは、
ギャンブルや酒が大好きで気ままに生きるOL・タマ。
魂をもらう代わりにタマの借金返済を手伝うことになったが、
借金は減らないし周りはオカシな人間だらけで、毎日ジリ貧!!

ひもじくて、可哀想で、かわいい。
ここがまんがタイムきららの無法地帯、限界ブラックギャグ4コマ第1巻です。

quoted from Amazon

「あの掛け声で集まった人間の相手したく無いんだけど…!」
年一で笑わせて貰った。
登場キャラクターの生活を考えるのが4コマ漫画の楽しみ方のひとつなのに、メインの登場人物が全員生活を覗き込みたくないタイプのキャラクターだったのすごかった。
抱えた借金を肩代わりする死神と契約を…… 
酒ギャンブル狂いと死神の与太郎×与太郎で、狂気とギャグに満ち溢れていました。
パチンカスの思考小ネタちょこちょこ入るのとても好き。
私が初めて読んだ限界きららを取り扱った作品です。表紙にも滲み出ている薄汚さが本編にも満遍なく散らされていて見事です。
きららのクズニューウェーブ!酒・ギャンブル・タバコありありのクズなヤバい女とそいつを殺しに来たポンコツな死神のドタバタ、というにはエッジが効きすぎている癖になる作品。笑えます。
4コマこの表紙が汚いオブザイヤー2022。きらら高身長記録人間部門第1位(たぶん)。
応援
ギャンブル狂いのヤニカスアル中債務者(190cm)と死神とその他狂人の日常。きららっぽくないとか言ってるけど全然きららで芳文社はこういう微妙に既存の枠組から出た作品こそ売り出すべきなんじゃないかと思いました。
パチカスで酒カスなOLというきららと最も遠く感じるようなキャラクター造形ながら,繰り広げられるのはその日常を切り取った,きらららしい日常系.きららでこの表紙が作れるのか......という驚きがありました.表紙が見えるように置いておきたい一冊です.
死神とズタボロOLのマリネ。基本的にこいつらダメだー! ダメダメだー! という方向で、どんどんと朱に交われば赤くなるの伝を突き進む死神メルメルの明日はどっちだ。と、バカっぽいやつなんですが、しかしこの巻最後ですっと突き出される事実にヒュッ……。ってなる漫画でもあります。それはそうなんですが……。ってなるのでもうダメ。
作者生きろ。
きららの限界に色々な意味で挑戦してしまった一作(挑戦しすぎてちょっと燃えた程に!)。最悪な日常が延々繰り広げられますが、1巻ラストでこの作品がそんな日常の終わりと隣り合わせである事をこれでもかと読者に見せつけてくる1ページは必見。作者はキルミーベイベーの熱烈なファンですがリスペクト元の長寿連載故の無限に続く構成は真似ず容赦なく話が進む事を示唆する姿はまさしくアナザーキルミーと言えるかもしれません。2巻はまだ出ていませんが、単行本派の人は東京霊とメルメルの「日常」に是非最後までお付き合いください。
主人公はギャンブル狂い、借金取りが定期的に登場する……というのは序の口。倫理観がぶっ飛んでいながらこいつらにとっては紛れもなく日常。だけど死が隣り合わせである荒涼とした空気が常にこの作品の背景にある。この振れ幅は、4コマというフォーマットはまだまだ懐が広いと思わせてくれる。
やばい奴らしか出てこなくて最高。真面目なことを言われるとお前が言うな!と思う。でもそんなキャラクターたちが大好き。

4位

  • ばっどがーる (1)

  • 肉丸

風紀委員長・水鳥亜鳥は学園のマドンナ的存在。
そんな彼女を神と崇める一年生・優谷優は
亜鳥の気を引くためになぜか"不良"を目指すことにして――!?

自称ワルな小動物系後輩JKと人たらしな先輩のコンビが織りなす学園コメディ、第1巻!

quoted from Amazon

勘違いされて自爆するすずちゃんがかわいい。
登場人物が全員程よい感じにぶっ飛んでいる。言葉選びのセンスが秀逸でセリフを追っているだけで面白い。
この漫画はとにかく人を笑わせる手札が多い。ハイテンションでありながらキュートである。異常者だらけでありながらワードセンスに優れている。特にその時に常軌を逸した長台詞で、時に間髪を入れない展開で生まれる唯一無二のリズム感に乗せられたと気づいたら笑わずにはいられない。
ワードセンスがピカイチ!
(自称)不良少女の学園コメディ。今の四コマコメディのトレンドは旧来の起承転結四コマの枠組みにとらわれず、ボケは入れれるところがあればどんどんねじ込むようになってきている。そのなかでも矢継ぎ早に繰り出すギャグとワードセンス高いツッコミが多分に盛り込まれており非常に爽快感がある。四コマ特有のコマ密度の高さもあいまって読後の満足感も高く、四コマギャグの新しい形の一つになるのではないだろうか。
異質な漫画が増えてきているきらら四コマの中では珍しくストロングスタイルな作品だと思うので未読の方は是非。
可愛い
ギャグの面白さはきららキャラットでも一二を争う。何かがズレているキャラクターと漫才のような軽妙なかけ合いが、想像の斜め上をゆくばっどがーる・ワールドを作り上げている。
優等生に見えてワルを取り繕うとする女の子、そこに現れた風紀委員の先輩。現時点で単行本2巻まで刊行、次に来るマンガ大賞2022ノミネートなどきららキャラットでもっとも波に乗っている作品。
ギャグのテンポが良くて漫才見てるみたいな楽しさ
最初は主人公以外まとも(主人公もわりとまとも)だと思っていたらいつの間にかみんな異常者になっていた。段々と面白さが加速度的に上がっていく作品。勢いがすんごい
憧れの先輩を振り向かせるために不良女子高生になりたい「優谷優」ちゃんのお話
名前からの出オチ感の通り、不良っぽい行動の不良っぽくなさで笑える
優ちゃんが先輩にばかり気を取られてるのを複雑な気持ちで見守ってる親友が先に先輩と仲良くなってしまったりと人間関係も絡めて楽しませてくれる作品
美人だがセンスが色々とズレていて残念な風紀委員長の先輩と、そんな彼女に気を引いてもらうべく不良少女になろうとする根は善良な主人公と、その周囲の個性的な人達との日常をコミカルに描いた作品。1巻範囲ではストーリーに起伏があまり無く読みやすい。だからと言って読んでいて単調に感じるのかというと決してそうではなく、こちらの予想を上回るハイセンスで独特な台詞をテンポ良く次々と投げかけてくるので読者を飽きさせてくれない。登場人物に常識人がほとんどおらず共感しづらいという難点はあるものの、傍観者として読んでいるとこの上なく面白い読みごたえのある作品である。
亜鳥先輩の気を引こうとする優。
優をペットの犬の如く扱おうとする亜鳥。
優ちゃん好き好き(だけど表に出さない)な涼。
とにかく可愛いのシジミ先輩。

登場人物人物全員ギャグ人。
登場人物各人がとにかくノーブレーキで突っ走るギャグ漫画(箱根駅伝走ったら一番早いじゃないかな)。
今出ている4コマ漫画作品で一番コヒュりたくなる作品です。
主人公の優谷優は大好きな先輩である風紀委員の水鳥亜鳥に気を引いて貰おうとあえて不良になり時には暴走しよく暴走し偶にコヒュります(でも良い子)
この作品の魅力はキャラに与えられた役割とツッコミ時の一言セリフのインパクトだと思います。
与えられた「役割」に各キャラクターが忠実でそれがギャグ作品として深みを増しています。
主人公の優谷優は、先輩への崇拝信と悪ぶれる様子
ヒロイン?の水鳥亜鳥は、徹底的な女神具合とそれに反する色々な隙
幼馴染の涼風涼は、我が道を行くキャラへの全方位ツッコミキャラ
学園アイドル()の瑠璃葉るらは、自信への絶対的自信とその空回りさ
その「役割」を忠実にこなすけれども時たま見せる違った顔がより魅力さを醸し出しています。
そしてもう1つの特徴であるツッコミ時の一言セリフのインパクトは、定められたコマ割りの所為で、動きが付け辛く使えセリフ量にも限りのある4コマ漫画において怒濤のツッコミという表現を演出する上で非常に便利なシステムであり、この作品は作者の語彙力も相俟ってそれを最大限に活かしていると思います。
そんな『まんがタイムきららキャラット』が贈るコヒュ漫画是非手に取ってみて下さい
主人公・優があこがれの先輩・亜鳥に意識してもらおうとして不良を演じるというスタイルのポンコツさがつかみとして素晴らしい。作品を読んでいくと優の基本スペックが高いことがわかるのだが、亜鳥との絡みになると途端にポンコツスキルを発揮しだす。崇拝対象の亜鳥は亜鳥で優のことを愛玩動物レベルで可愛がるちょっと浮世離れしたキャラクター。キャラの可愛さと抜群のコメディセンスが揃った作品です。
しじみ先輩可愛い
各キャラクターの個性が存分に発揮できていて面白い。
肉丸先生の他の作品も面白いし今後がとても楽しみ。
「コヒュる」は積極的に使っていきたいと思います。(どこで?)
涼のツッコミが毎回キレッキレで本当に好きです。
優のワル設定が無理ありすぎて、崩壊してるのも好きです。
涼の優が好きすぎる設定もぶっ飛んでて本当に面白いです。
毎回めっちゃ笑えます。ツッコミのセンスが毎度凄くてびっくりしてます。

5位

  • ササエルの中には誰もいない (1)

  • こめつぶ

高校入学を機に東北の港町・天河市にある姉の家に引っ越してきた駒蔵小依。
ゲーム三昧のだらけた生活を送ろうと決意していたが、
なぜか「笹かまぼこの天使・ササエル」としてご当地キャラになることに!?
地元を元気にするために恥を捨てて働くんだ、ササエル!

quoted from Amazon

宮城県の沿岸部にある町で笹かまぼこの妖精という設定のゆるキャラを任された話.
仙台市のメロンブックスで激推しされています.笹かまぼこは地元民はあんまり食べてる印象ないです.
えっちだ……(それにしても4コマっていう小さい画面でえっちだ……って思わせるのすごくないですか)
地元愛を感じていい 全体的にクオリティが高い
小依ちゃんがちょろすぎてかわいい
ササエルは笹かまぼこの天使!カワイイ!褐色伊達さんも好き!ところでササエルの連載が始まって笹かまぼこの売り上げは伸びているのだろうか・・・。美味しいよね笹かまぼこ。
ササエルがちっちゃくて生意気でかわいい!
主人公のササエルが周りの大人達と天河市を笹蒲鉾を盛り上げる為に頑張るお話、お話がテンポ良くて面白く、ちょっとエッチなのもとても良いです
妹に対してご当地キャラになるよう強要…という設定で、お姉ちゃんがクズorゲスキャラの類型でないのが大好き。なんなら「いいお姉さん」ですらあるし、その分主人公のほうがダメ人間だという。どなたかが言っていたが、主人公姉妹に限らず主要キャラは皆ボケにもツッコミにもなれるという自在さがこの作品の強みだ。それは登場人物同士の関係性の掘り下げにもなっている。
笹かまぼこの妖精ササエルが東北のとある商店街のマスコットとして頑張るお話です(大嘘)。ササエルかわいい。
4コマ目でオトしてくるオーセンティックなスタイルの4コマ漫画で、その制約の中にあって登場キャラ(概ね変人)達が何を思ってるのか分かりやすく描かれているので、大勢に好まれやすい作品だと思います。
「少し変わってるけど良い子なんだよ」という台象が象徴的なお仕事もの4コマ。どのキャラも、クセはありつつもまっとうで、根が明るい。そして仕事に情熱がある。主人公の流され系女子も、何だかんだ言いつつ自分の仕事に愛着を持っている。愛すべきキャラしか出てこない。だからこそ、読み味が非常に心地良い。あくまで土台は軽妙なコメディであるところも見事。
笹かまぼこの天使という設定の天河市のご当地ゆるキャラ(非公認)ササエルとなった駒蔵小依と
その周囲が巻き起こすドタバタコメディ作品です。
ストーリーやキャラクターの魅力もさることながらこの作品の推しポイントは4コマ目でほぼ必ずオチを付ける所にあります。
昨今4コマ漫画でも様々な見せ方や工夫があるかと思いますが、この作品の4コマをシンプルに起承転結で構成していくという形がある意味で新鮮に感じました。キャラも可愛く毎話4コマ14本分は笑わせてくれるのであまり難しいこと考えずに読める楽しい作品となっています。
重厚な作品や心を突き動かす作品を読んで一息入れたいときに是非読んでみて下さい
最初は嫌嫌ササエルやってた小依ちゃんがササエルとしての誇りを手に入れて他のご当地キャラとプロレスしたり本気で営業始めたりするのがこの手の作品ではレアな気がします。めちゃくちゃ重たい幼馴染が3組ほど出てくるのが良い。
前谷千鈴さんが抱える稲井茅さんへの執着心に非常に惹かれてしまい、ここ数ヶ月間ずっと頭を蝕んでいる。
最近流行りの東北系きららの期待の星!
小依ちゃんはイケメン枠として頑張って欲しい。
ありそうで無かった(無かったよねぇ...?)ご当地ゆるキャラ中の人系4コマ。
金につられてご当地ゆるキャラササエルの中の人をやるようになった小依を中心に描かれるドタバタ系日常コメディ。
お金でつられるチョロ小依が可愛くて面白い。
あと、涌谷がいいキャラしてる。
前情報なしに単行本から手に取ったのでてっきりファンタジーものかと思ってました。東北を舞台にしたご当地キャラものでした。ササエルってそういう…!登場人物達がみんなイキイキわいわいしていてとても楽しいです。特にお姉ちゃんがいいキャラしてます。

6位

  • リリカお嬢様に振り回される! (1)

  • メイス

このお嬢様は、愛を知らない。

生まれつき脚が不自由で、車椅子に乗っているリリカお嬢様は、家政婦の永野と二人、大きなお屋敷で暮らしています。
ワガママなお嬢様と、振り回される永野。
二人の日常は、毎日騒がしくて、そして楽しい。

quoted from Amazon

こんな日常系漫画をもっと読みたい、と思わせてくれる作品。心無い親のせいで傷ついた心をもつ少女・リリカと、彼女の世話をする家政婦・永野の生活を描いた作品。リリカのクソガキムーブをベースにしたコメディでありつつ、永野がリリカに献身的に接して心を通わせていく様はハートウォーミングだ。永野の愛情がリリカの凝り固まってしまった心を変えていく様に心動かされる。お気に入りのセリフ:「ものあげて言うこと聞かせればいいじゃない!!」「そういう育て方をされてきたか……」
最初はこの漫画の何が面白いのか分からないでいましたが、最近は孤独な二人の心の触れ合いを描いているのだと分かるようになってきました。
リリカお嬢様がお世辞にも性格が良いとは言えないんだけど、だからこそ永野の優しさが光る漫画だと思う。でもリリカお嬢様にも同情の余地はあるのがまた良い。ふたりとも幸せになってほしい。ギャグ漫画としても楽しめる。読むと心があったかくなる作品
身体障碍そのものを不幸とするのではなく、そのことによってできるリリカと周りとの溝を印象的に描く手腕に秀でており、その筆致に確かで揺るぎないものを感じたので選出しました。リリカの側にいる永野は無愛想なようでいて聡明で優しい。なによりも永野は自然体でそうなっているのがなんとも魅力的だと思います。リリカの心が健やかにいれるように永野にはリリカの隣にいて欲しいですね。
コメディ部分やってると思ったら設定が重めなところから来るほっこり成分が不意打ちでじんわりきてとても良い
そばかすキャラの使用人永野と自分の足で歩けない高飛車なお嬢様リリカの日常4コマ。リリカは愛を知らないがゆえに振り回す理由があるのですが、こんなクセの強い設定だけど1話簡潔で誰にでもオススメ出来る作品なのでぜひ読んでみてください。
両足が動かなくなってしまったお嬢様とその世話をする家政婦の二人の生活を,コミカルに描く一作.はたから見れば重い境遇のお嬢様が傍若無人(子供らしいわがまま)に家政婦を巻き込み,自分をかわいそうに思う人間を迷惑がるような,彼女たちの小さな生活を切り取る.
重めの設定ながらも暖かなストーリーの作品かと思いきや、パンチの効いた日常を描いた作品。とはいえギャグ一辺倒ではなく、裏には切なさとそれを包む暖かさがある。
孤独故に擦れてワガママ放題な車いすのお嬢様と振り回されるお付きの家政婦の物語。
お互いに素直になれない時もあるけど最後にはほっこりドタバタでもケンカ、な二人をとても繊細な距離感で楽しめます。
毒の強いやり取りがクセになる。気の強いリリカがデレる場面がかわいい。
日常系というと学校に通い何人もの友達に囲まれて……というのが典型的だが、本作ではリリカは足が不自由で学校にも通えず、両親からの愛も満足に得られず、唯一の話相手は年の離れた家政婦の永野だけ。彼女の境遇は決して満たされたものではないし、そのことを証明するかのようにリリカは非常にひねくれた性格をしている。けれどもそんなことは、二人の日常が素晴らしいものであることには何の関係もないのだ。
リリカuzeeeeeeeeeeeeeでもそれがこの漫画の優しさを強調しててよい
わがままなお嬢様に仕える使用人、その二人の繰り広げる毎日。単なるドタバタコメディーではなく、リリカお嬢の秘密、それをよく理解する永野の関係が固い絆を結び、物語を彩ります。歯医者シーンが妙にリアル。
ななどなどなどと並ぶ(けど方向はちょっと違う)わがままお嬢様。子供のわがままさとそれを受け止める大人の関係だけど、親族ではなく雇われの身で、一定以上に深く関われないし突然終わる可能性もある儚さも潜んでいる。
きららでそういうお嬢様が出てきて使用人がサブキャラとして出てくる場合、その辺りの越えられなさを同級生の友人が越えていく(使用人はそれをサポートする)というパターンが定番だが、では使用人が主人公の場合はどうなるのか。
タイトルにもある通り「振り回される」シチュエーションは、コメディ作品では古典的といってもいいだろう。そのトラブルメーカーがどんなキャラクターかによって作品が与える印象は大きく変わる。この作品における振り回す存在、リリカお嬢様はあまりにも人間臭くいじらしい存在だ。常識がなく傲慢だが、子どもなりにものを考えている。そんな彼女を見続けていたら、永野とともに愛さずにはいられなくなる。
子どもは守られるべきであるという思想が根底にあることも、安心して見られる要因だ。

7位

  • コンビニ夜勤のあくまちゃん (1)

  • なじみ

「やっぱりコンビニ夜勤はつらいのだ…!!」

コンビニ夜勤はお客も店員も癖のある人がいっぱい!?
高飛車だけど健気な悪魔「アルール」が、
大阪ミナミのコンビニを舞台にがんばります!

『しょうこセンセイ!』『ガールズフィスト!!!!GT(KADOKAWA)』の
なじみがお送りする、
かわいくて面白い、そしてちょっと癒される人情4コマです!「やっぱりコンビニ夜勤はつらいのだ…!!」

コンビニ夜勤はお客も店員も癖のある人がいっぱい!?
高飛車だけど健気な悪魔「アルール」が、
大阪ミナミのコンビニを舞台にがんばります!

『しょうこセンセイ!』『ガールズフィスト!!!!GT(KADOKAWA)』の
なじみがお送りする、
かわいくて面白い、そしてちょっと癒される人情4コマです!

quoted from Amazon

アルールちゃんのポンコツながらもコンビニバイトとして奮闘する姿はずっと見ていたくなる。ファンタジーな非日常要素、コンビニ夜勤を経験している人にはと思わず共感してしまいそうなあるある要素、ブラックジョークなども面白く楽しめた。これからも頑張れ、アルールちゃん。
人生つらいのだ…
コンビニバイトあるあるが多数っぽいのは先生の経験によるものなのか?
プライドの高いアルールが現代社会に飲み込まれていく様子がかわいい。常に前向きなおかげであまりかわいそうな感じがしないのも読みやすいポイント。
異世界から来た勇者がゲームショップで働くなら、異世界から来た悪魔がコンビニで働くのも全然ありですね。にぎやかで騒々しい大阪ミナミのコンビニで働くあくまちゃんの懸命の仕事ぶりを描く。場所柄ひと癖もふた癖もある来客も多い中。持ち前の能力で彼らの負の力を吸い取って殺伐とした心を和らげ明るいお店へと変えていく。コンビニの煩雑な業務にも真面目に取り組み、仕事をこなすあくまへと成長する真面目さもとてもいいです。「しょうこセンセイ!」のなじみ先生の新作ですが、こちらもほんと人の良さ(もといあくまの良心)が感じられる良作ですね。
『しょうこセンセイ!』で知られるなじみ先生の新作。明るいが時にブラックユーモアを交えたギャグはテンポが良く、読みやすい作品となっている。人間社会に順応しながらも個性を生かすアルールの姿も可愛らしい。舞台設定がどう物語に絡んでくるのか気になるところ。
面白かったです。
労働者には刺さるものがあります。
コンビニにあくまちゃん降臨!? 夜のコンビニに集まる陰の気を目当てに、八面六臂の大活躍するなどと、その気になっていた俺の姿はお笑いだったぜ。悪魔であっても、日本のコンビニ夜勤の地獄を見るという亜空の展開。コンビニ勤務は地獄だぜー! それでも奮闘するあくまちゃんの様を見るのが目の法要です。
夜勤大変そうだけどなんだかんだ頑張っちゃうあくまちゃん可愛い。
本来の目的は果たせるのかな?
人間社会の闇を感じますが、そのような中でも微笑ましく働くアルールを見ていて癒やされた。共感しかないコマがたくさんある。
あくまちゃんは高貴な悪魔ですが非番の祝日に欠員補充で駆り出されるし、夜勤明けの和やかな時間の後にもまた夜勤はやってくる。そんなプロレタリアな容赦のなさがたまらない。4コマ目のあくまちゃんはしばしば人生が辛そう(19歳の店長も辛そう)。
癒し成分の多かった前作から一転、コンビニの深夜シフトが舞台というややダークな内容に。そんなテーマだが読んでいてつっかかる部分は少なくスラっと読めるように工夫されている。主人公のアルールが少しずつ社会の闇に飲み込まれながらも成長していく様子が面白い。何かと生きづらい社会の清涼剤としての役割を果たしてくれる。

8位

  • 桔香ちゃんは悪役令嬢になりたい! (1)

  • 相馬康平/日下氏

おとなしい小学生の三船桔香は、
流行りのアニメの影響で「悪役令嬢」に憧れるように!
しもべとしてクラスメートのイト・繋・アオイを仲間にして、
小さな国盗り物語が始まります!
僕(しもべ)100人できるかな?

quoted from Amazon

キャラが立っていて、誰と誰にクローズアップしても面白い傑作です。もっと見ていたかったなあ…
アニメの悪役令嬢にあこがれる小学生 桔香ちゃんと彼女のシモベ(?)3人による日常コメディ4コマ。もともとは大人しい性格だった桔香ちゃんが悪役令嬢ムーブによってちょっとずつ交友が広がっていく様子と、周囲の同級生たちも桔香ちゃんの悪役令嬢を目指す奇行に呆れたり戸惑いながら彼女の素の優しさや面倒見の良さに惹かれていく様子が面白い。
日下氏先生の丸っこいフェイスラインやちょい等身低めの作画が小学生っぽいかわいらしさにつながっていて好きです。
基本的にテンポのいいギャグ全振りでたまに味付けの濃い百合。桔香ちゃんが王の器です。桔香ちゃんって一発で打てないのでそれはどうかと思う。
三船桔香とは悪役令嬢に憧れる、カリスマ性を持った王の器を持つ者の事である。
毎話の完成度が高いので満足度が高い。
作画と原作が分かれているだけあって、1話の中の起承転結がハッキリしていて読みやすい。
桔香ちゃんが始めた奇行(マイブーム?)がなんだかんだで他の人らがその点で遊んでる部分が、世界は狭いのに自分らが思ってるよりも互いに影響し合ってる度合いが高かった子供のころを思い出してかなりドキドキする最高の漫画です
群像劇というか、周りの人らにしょっちゅう焦点があたる作品が好きな人は必読!!!!!!
なろう系が流行っている理由とは?私は「コンテクストを活用した高速展開説明」や「チートを活用した最速問題解決」などのスピード感や爽快感だと思っている。こういった作品群では問題解決までの過程や変化の推移自体はあまり重要ではない。一方、四コマは特性上緩やかな時間推移や少しずつの変化を表現するのに長けている。四コマは緩やかな変化が重要な日常系を牽引してきた一方、押し寄せるなろう系の波に対し他メディアほど盛り上がりきっていないのはこういう背景があるからではないだろうか。
そんな中本作は悪役令嬢「回避」ではなく「なりたい」現代社会の女の子の話にすることで四コマへの落とし込みに成功した。「悪役令嬢になろうと寄行を重ねながら四苦八苦する」構造はタイトルの時点で容易に想像されつつも、クラス内の立ち位置やキャラの心情変化は時間をかけて表現するという良いとこ取り。でも主人公が思った通りの展開にならないギャップや人をたらし込んでいく様子といった普遍的にウケる要素はそのまま活用、という欲張りセット。これぞ"王"の器。新しいフォーマットを作ったと個人的には思っておりもっと広く知られてほしい作品。
残念かわいい桔香ちゃんとクールで的確に突っ込みを入れていくいとちゃんの掛け合いが楽しい
小学生特有のわちゃわちゃ感と意外と常識人な桔香ちゃんがもっと濃い面々に翻弄されてるところが面白い
みんな可愛い
悪役令嬢アニメを見て突如悪役令嬢に目覚めた桔香ちゃんが、悪役令嬢としてクラスメイトを下僕にしていこうとするが...な小学生ギャグ4コマ。
話の中で落ちをつけていく、いわゆる正統派系のギャグ4コマだけど、それがキレキレで面白い。
ギャグの他にも、きっかちゃん姉妹とイトちゃん姉妹の話などといったほっこり話もあり、読後感がとても良い良作。地味に長く続いてほしかった...。

あと、日下氏先生の絵がぷにぷにで可愛い。
良い意味で日常系してると思います。
時代の最先端を目指すような路線とは違いますが常にそこにいてほしい枠、みたいな。
小学生の日常をひたすら見守り隊…。
かわいい絵柄とハイテンションな狂気ギャグ、なにより物静かクールなイトちゃんの桔花ちゃんへの激重感情が魅力的です。2巻完結なのが残念。
化けると思てた。
秀逸なキャラクター設定(個人的には桔香ちゃんと絃ちゃんの関係性が好き 1話の"お願いだからひれ伏しなさいよ!!"というセリフ、すごすぎないですか)とそこから繰り出されるテンポのいいギャグが出色の出来 さらに日下氏先生の丸っこくてかわいらしい絵柄がより小学生女児の魅力を引き出していて(変態じみた言いぐさ)すごく好きです

9位

  • お姉様のVな事情

  • MOTO

隣の家に住む完璧美人女子大生のミユキさんに憧れている高校生のマリナは、
ある日ミユキさんが超人気の酒クズ系Vチューバー「神酒シズク」の中の人だと知ってしまった!
ミユキさんのアシスタントとして、動画制作を手伝うことになったマリナ。これから一体、どうなっちゃうの~!?隣の家に住む完璧美人女子大生のミユキさんに憧れている高校生のマリナは、
ある日ミユキさんが超人気の酒クズ系Vチューバー「神酒シズク」の中の人だと知ってしまった!
ミユキさんのアシスタントとして、動画制作を手伝うことになったマリナ。これから一体、どうなっちゃうの~!?

quoted from Amazon

四コマをアニメーションに見立てて展開する作品は昨今珍しくはないが、動画サイトの画面も四角である点に注目しVtuberに焦点を当てた作品。四コマでは構図などで工夫をせずともVの姿とそうでない姿が切り替わっても、読者が違和感なく移行できる点で相性が良い。人気ある変身モノを巧く四コマに落とし込んだ題材である。
…などと通ぶったコメントを出したが、そんなことがどうでもよくなるぐらいの酒クズギャンブラーっぷりが本作最大の要素。どこぞのM1&R1覇者の人がやりそうなネタに 困惑 心奪われた人がほとんどだろう。ストロング流しそうめんやパチンコATM、パ〇活疑惑など、核実験場と呼ばれるきららMAXでも早々見ないひどさである。それでいて変身モノでセオリーとなるような掛け違いなどはきっちりと踏んでおり温度差で風邪をひく。漫画力が圧倒的に高くお勧めしたい一冊。
1乙となってしまいましたが、私はこの作品がとても好きだった。絵が可愛らしく、それなのにおじさんを真面目に描いていらっしゃる姿勢などが好きだった。お酒を飲みたいと思わされる作品で、実際に梅酒を飲みながら読んだ。
作者が少女漫画誌に描いていたこともありキャラのタッチがまさにソレで表紙の奇麗なお姉さんに目を引く作品となっております。
しかしその中身は酒瓶をラッパ飲みしつつガチャに金を注ぎ込みまくり馬!舟!パチスロ!といったギャンブルにハマっているというクズです。そしてその様子を動画で配信しているVチューバーであり何故か登録者が100万人もいるという。
その絵柄と奇麗なお姉さんの言動のギャップにひたすら圧倒されまくるコメディ作品となっています。
残念ながら1巻で完結してしまったのですが逆を言えば1冊でスッと読めてしまうので気になった方がいましたら是非!
マリナちゃんとミユキさんのキャラは濃いけど相性が良い様が自然に描かれており、お互いを補完しているけれど突っ込みどころも多々あるという関係性が非常に好きな作品。花屋敷さんのガチ恋ムーブをもう少し見守っていたかった。
誰一人登場人物がまともじゃないやばい作品。絵柄で読もうとした人は中身を見てなんと思うんだろうか。フラマンさん幸せになってほしい。最初まともだと思いかけた主人公は全然まともじゃなかった。
最近のきららのVtuberものでは頭一つ抜けてただけに1乙がもったいない作画もギャグもキマッてる惜しい作品。
酒クズ美少女がおっさん皮のVで成功しているという設定だけでも楽しい。
バーチャル配信者の「皮」・「魂」と人間の「外面」・「本性」の対比でVの本質を突いた一冊。人物の絵柄が美しいこそキャラクターたちの限界な性格がより一層面白い。1巻で完結するのに勿体ない優秀な作品。
美人が酒クズ&ギャンブル狂というギャップがすごい。
MOTO先生、絵がうますぎる。そしてきたないおじさんの作画に容赦と余念がなさすぎる。
ミユキさんの酒狂い・ギャンブル狂いネタのノーブレーキな瞬発力と、確かな画力で描かれるヒロインたちのビジュアルを存分に楽しめる1冊。読者としては予期せぬ単巻完結でしたが、MOTO先生がきっとカムバックしてくれることを祈っています。
めちゃくちゃ面白かったのになぜ1巻乙なのだろう…MOTO先生の次回作も期待します
本当に絵が綺麗。
どうして終わっちゃったんですか……
一番いいところだったじゃないですか……
V配信者の中身を知る人や知らないけれど良い人だと信じる人などによるややひねくれた人間関係が面白い。この作品を境にきららで配信者を主題にした作品が増えてきたので、その先駆けと言えるかもしれない。

10位

  • ポンポコタヌキとへっぽこ王子 (1)

  • 桜Qり

演劇部の王子様として女生徒たちに大人気の玲音。
その実態は演じているとき以外は気弱で人見知りの女の子。
そんな彼女の元に弟子入りしたいとやってきたのは自称「タヌキ」の少女・豆子で!?

野性と癒しに溢れたぽんぽこ演劇ストーリー、第1巻!

quoted from Amazon

王道青春物語。陰キャで根暗な自分が、舞台に立つときだけは演劇部のスターになる。でもそれは、別人になったわけじゃない。どちらも大切な自分なのだ。そんな考えの少女が、とある出会いを経て、ほんの少しずつ変わっていく。それも、彼女自身が気づかないうちに。その自然な成長の尊さを、丁寧かつ華やかな筆致で紡ぎ出している。
豆子ちゃん達によって繰り広げられるドタバタ劇を味わえるだけでなく、微細で綺麗なイラストをくまなく堪能できるのも魅力的なワイド4コマ作品。豆子ちゃんのビジュアル的な二面性、玲音ちゃんの演じることによる二面性の表現にも注目。
絵とキャラは一番好きな作品ですね。ワイドならではの見せ方が良いと思います。
玲音と豆子のコンビがとにかく微笑ましい。演劇部の部員たちもみんな個性的で注目ポイント。
タヌキ漫画の波が来ているのでしょうか。化かす修行に演劇部の王子に弟子入り設定が素敵すぎる。豆子が可愛すぎるのと、玲音のギャップにも悶えてしまいます。
演劇部で王子様と呼ばれる女の子に憧れて演劇を始めた子狸の活動を描く演劇4コマ。きららではちょっと珍しいワイド4コマで、描き込まれた大ゴマが綺麗で読んでいて楽しい作品です。天真爛漫な狸の女の子と人見知りのする先輩の女の子とのカップリングが微笑ましい。2人を取り巻く演劇部の部員たちもみんな楽しくて和気あいあいとした雰囲気が感じられます。きらら作品らしく演劇の楽しさをストレートに伝える4コマになってますね。
天然で小動物的な可愛さあふれる化け狸・豆子と、舞台の上では王子様なのに普段は地味で気弱な黒髪美女・玲音、ダブルヒロインがどちらも魅力的。型通りのマンガであれば「豆子の正体をどう隠す!?」とか「変身能力で問題解決!」とかそういう方向でストーリーを組み立てるところだが、1巻の範囲では「演劇部の部活もの」にまとめているのも独特で面白い。
演劇部で王子様を演じてる子が普段は性格が正反対で誰にも気づかれないのに化け狸が気づいて弟子入りしてくるお話
演じるのも化けるのも本質は変わらない(?)ってのが面白い
きららキャラットのたぬきブームの火付け役!
豆子ちゃんがとても可愛いし、玲音師匠もかっこかわいい。
ビジュアルが素敵ですね。
とにかく絵が可愛い。キャラも可愛い。ただただ読んで癒される存在。最高。

11位

この生徒会の面子ときたら、あほの子だったり、恐ろしかったり、むっつりだったり、ちょっと変! でも、それがなんだか、妙に可愛く思える今日この頃……。ちょっぴり天才なむちまろが描く、世界一キュートでえっちな日常4コマ!

ここは町はずれの進学校。文学青年・水之江梅は、留年回避のため、生徒会の役員となることに! しかし、そこの面子ときたら、あほの子だったり、むっつりだったり、何やらヘンな人揃い――!? 生徒会の個性豊かな仲間と紡ぐ、不思議な仲良し学校生活、はじまりです♪

quoted from Amazon

良い意味で酷い作品
自分の中で不足していた下ネタギャグ4コマがこの漫画でかなり補充できました。尾鳥くんがひどい目にあってるのも好きですし、こまろちゃんの小さいけど大きくて、尚且つ目が死んでる所も好きです。
俺が入った生徒会ではおげれつ破廉恥が待ち受けていて…… 
キャラ全員が魅力的でおバカでドスケベで、新たな性的嗜好の目覚めか?となってしまいましたね(思春期中学生)
古都吹寿子さん全力応援します。
いわれてみれば4コマじゃん。女の子キャラを性的に見る妄想アーティストとしての練度が高すぎて尊敬しています。バニーこまろちゃんゲットしたかったけどダメでした。
ツッコミ主人公の梅君を含めた登場キャラがことごとくボンクラ揃いで「バカな子ほどかわいい」を地で行く、ある意味正統派なお下品コメディ。
ベタですが、純情負けヒロイン系薄幸ムッツリな会長と小動物系薄幸無知シチュロリ巨乳なこまろちゃんが推しです。
作者のTwitterを参照してください.
生徒会に所属する有能多才な人たちでも、えっちなことには耐性がなかったりする。という意味で「穴はある」。えっちな意味で穴があるわけではないですからね。いくら公式の略称が「生穴る」だとしても!
おバカな子ほど可愛いを地で行く下ネタ4コマ。ただ下ネタオンリーというよりも青春っぽさがあるのがとても良いですね。

12位

自分の気持ちをうまく話せないことに悩む高校1年生の少女・白浜ゆら。
「笑顔で話すための薬」を作る実験のさなか、
絵本から飛び出してきた人魚・エリーと出逢う。
エリーとの共同生活は、いつしか同級生も巻き込み、色あざやかな波を生み出して…。
癒やし&ドキドキのマーメイドストーリー、花宮みぃ 初単行本!

quoted from Amazon

最近のきららの中でも特にファンタジー色の強い作品。人間と、絵本から飛び出した人魚という異種族交流が不思議な気持ちにさせてくれる。不思議な気持ちになりながらも続きが気になり早く先を読みたいと思わせてくれる作品。
「自分の気持ちをうまく話せないことに悩む高校1年生の少女・白浜ゆら。「笑顔で話すための薬」を作る実験のさなか、絵本から飛び出してきた人魚・エリーと出逢う。」(芳文社HPから引用)
このあらすじと表紙を見て分かると思いますが題材は『人魚姫』となっています。
その題材や絵柄も相俟ってまるで絵本を読んでいるかの様な優しい気持ちになれます。
また、まだ連載中の作品ですが、作中では主人公の白浜ゆらと人魚のエリーとの離別が所々で示唆されており『人魚姫』の様な結末(別れ)を迎えてしまうのかそれともハッピーエンドになるのか、そういう意味でも今のきらら作品で一番そのラストを楽しみにしている作品です。
ゆらちゃん達のきらきらでゆるふわな日常を堪能できただけでなく、回を重ねることにゆらちゃんとエリーちゃんの距離がどんどん近くなっているところも良かった。また、各話にて見られる遊び心満載の枠外のイラストもさりげないポイント。
絵本の人魚が薬品で実体化してというメルヘンでSFな導入が大好きです。ゆらちゃんの照れ顔と無邪気で積極的なエリーの間柄も最高です。
可愛くほわほわした絵柄とラグーン(潟)のように穏やかなストーリーが特徴的な作品。おとぎ話のような設定で、ストーリーは甘く時にほろ苦い。きらら本誌の現行作品では随一の癒し系。
ゆらちゃんとエリーちゃんの日常を見守っているだけでほっこりします。
テーマがテーマだけに今後の展開がどうなるか気になりますね。
女の子が描いた絵本から飛び出す人魚。彼女らの織りなす不思議なストーリーですが、絵が非常に暖かみがあり可愛らしさ溢れ、陽と陰が織りなす素敵な魅力ある作品です。今からでも遅くないアニメ化希望。
マジでキャラクターが可愛い。癒し。好き。
ゆらとエリーの気持ちの整理がついてからも新章突入的な感じで続いてほしい。
主人公・すずめは中学時代に不良グループ総長も勤めた元ヤンキー。

高校入学をきっかけに過去は隠して健全に生活していたはずなのに、
ひょんなことから同級生・蛍に秘密がバレてしまう。

すると蛍が「バラさない代わりに話し相手になってほしい」と言ってきて…?


つよくて、チョロくて、誰より優しい元ヤンJKが
『普通』を目指して四苦八苦するお話です。
夜露四苦お願いします!

quoted from Amazon

源元蛍…………
シンプルに良い
高校入学を期に普通のJKデビューを目指す蜂須賀すずめだったが、ある日サボり常習犯の源元蛍に元ヤンの過去を知られてしまい……?
一筋縄ではいかない性格の蛍と、まっすぐで友達(ダチ)想いなすずめの関係が好きです。名家の生まれが災いして周囲から一歩引かれてしまっている蛍が、家柄関係なくやり合えるすずめとの関係を大事に思いつつも、決してベタベタした距離感にはならないところが心地よいです。
ゲーセン回のすずめが蛍の手を引いてゲーセンの中に入るコマ、元ヤンのすずめにとっては馴染みのある空間に、お嬢様であり場に不慣れな蛍の手を取って招き入れるエスコート感があってめっちゃかわいい。
変わろうとする人、変わりたくない人、変われない人と、人の変化とその人「らしさ」を問う作品。とはいえ基本はギャグ主体で、様々な事情を背負ったキャラクターを軽やかに描いている。
ゾンビ・パンデミックが発生し、人類が激減した終末世界。
そんな世界に、異世界の白魔導士・リルーがやってきた!

元の世界では落ちこぼれだった彼女だけど、
こっちのゾンビに対抗できるのは
リルーの使う初級回復魔法「レサナ」のみ。

生き残りの少女・アヤと一緒に、
もちぽよふわ~んなゾンビ・サバイバルが
はじまります!

quoted from Amazon

「異世界で無双もの」を逆転させ、その上で「ゾンビもの」と掛け合わせて、「きらら」4コマフォーマットに落とし込んだ…というキメラ的な快作。ゾンビものの緊迫感と日常系ののほほん感が違和感なく両立している。治癒魔法がゾンビを消滅させる攻撃魔法でもあり、さらにもうひとつの特効もあって、1日3回の制限がある中でどう使うか? というゲーム的なスリルも面白い。
女の子×ゾンビ×異世界転移! ということでゾンビアポカリプスの世界に、白魔導士がエントリーだ! というワンアイデアの一発屋、に見えて回復魔法兼ゾンビ退治のレサナの使い方と数の制約が見事にピリッと効いてお見事の一作。ゾンビアポカリプスものですが、生存者さんたちが生命力が高いのもよい。生きるとは、とか言い出すわけじゃないけど、そういうのも感じたり。
普通、ファンタジー世界から現代日本に来ると良くも悪くもいろいろ合わないけど、この作品では現代日本側にゾンビが蔓延してるので上手くインピーダンスが合っている。その上で元の世界だとちょっと上手くいっていなかったキャラがこちらの世界には上手く合っている状況とか、状況に慣れてきたところでゾンビやアヤ(現代日本側の主人公)の謎が出てきたりとか先が気になる。
キタ〜ンと対抗できるレサナ。
幸せな世界になってくれるといいけど……
ファンタジー世界からゾンビの跋扈する終末世界へと転移した白魔道士の女の子が、この世界で生き残った女の子や猫たちと共に世界を救う旅に出る話。彼女の行使する回復魔法はゾンビ1体を消滅させあるいはゾンビに噛まれた傷を癒す効果があり、1日3回しか使えないその魔法を僅かな頼りにサバイバルの旅を続ける。かわいい絵柄でコメディも多くてそこまで暗いイメージのマンガではないですが、実際にはひどく過酷な旅であることを想像させる内容ですね。元のファンタジー世界では駆け出しの魔道士が使うささやかな回復魔法が、この世界では生き残った人たちを救う確かな力となっていることに救われます。
期待作

是沢芽依はバンドに所属せず現場を渡り歩くスタジオミュージシャン。
練習では上手く弾けても本番はガチガチ。
そんな是沢がある日出会ったのはガチャで人助けをする狐耳の妖精・てんちゃん!
アイテムの力で是沢は新たなステージへと駆け上がる…のか!?

quoted from Amazon

まず、絵が可愛くてカラフルな表紙が良い。
話も、成長記的なものもあり、病的なまでの百合要素もあり、読んでてとてもニヤニヤできます。
ベーシストが主役ってのも、個人的にポイント高いです。
途中出てくるオリジナルの歌詞もすごく良い。
妖精さんのえもぽ集めの為ってのも面白くて良い。
高校生の時の出会いの話もすごく好きです。
女の子×バンド×ガチャ! という要素を三つに規定できるきらら三点方式(今命名)の現在もっともイケてるわ。と涅槃サムズアップする漫画です。ガチャでいい力をもらえるのと、そのガチャでのもらった力で演奏することで、人々のいいテンションで対価を得る存在! なんと聞こえの良い言葉か。音楽ものとしてもきっちりしている辺りが色物感を出さないポイントでしょう。
音楽系きららの一角。
まるっこいデフォルメ絵柄に謎の中毒性があります。
リアル頭身のイラストも構図が凄かったり。
西日本が舞台(と思われる)ところも注目ポイントかも(きららでは珍しい)。
ぼっち・ざ・ろっく!と違うのはこちらは友人や周りに恵まれた、しかし今は日陰の女の子。だがてんちゃんのくれる不思議なアイテムでたちどころに観客を魅了し──きららの中でも屈指の画力とストーリー「それでは、ステキなセッションを。」はもっと流行っても良いと思います。
導入として完璧すぎる第1話、そして可愛らしさとカッコ良さが共存した絵柄でこの世界観に引き込まれました。

16位

雑兵めし物語 (1) : 重野なおき

芋がら縄、干し飯、あつめ汁、豆味噌握り飯…。

天下統一といった野望のためでも、自らの野心のためでもなく、
ただただ生きるために食い、食うために戦う。
そんな戦国雑兵たちのメシ事情とは!?

「信長の忍び」「Good Morning ティーチャー」「うちの大家族」の重野なおきが描く、
風雲急を告げる戦国グルメ絵巻ここに開幕!!

quoted from Amazon

すっかり歴史物の大家である重野なおきさん。戦があれば雇われ平時は村の用心棒的な人間を主人公にできるのも積み重ねたものがあるからだろう。
乱世に生きる雑兵という、かなり過酷な時代背景を描いた作品なのに、ちゃんとギャグ漫画として成立しているのが凄い。
戦国大好きシゲノイジャーの本領発揮な一冊。
米の飯が毎日食べられる有り難みを噛み締めて読もう。
ギャグを交えながらも当時の実情を踏まえたシリアスさを差し込んでくる達人の技
「めしを食う」という言葉を食事に限らない人の生き様を描く切り口にすることで、今までの大河時代劇と一味違う浅ましくも力強い庶民の日常ドラマに仕上げた重野先生の力量は実にお見事。
…それはともかく作兵衛はとっとと覚悟決めてつるさんを食(以下略)
千葉の4コマ王が送る歴史4コマシリーズの最新作。名のある武将だけがこの国の全てではない!命を懸けた雑兵たちのめし事情がコミカルに描かれています。
めしの漫画ではない。戦国時代の雑兵の毎日をつぶさに描けば必然的にめしの描写が多くなるというだけのことだ。作者はこの作品において無名の者を主人公に据えるという挑戦を行っている。そして、いわゆるヒーロー達が跋扈する「戦国時代」の最下層ではこんな身も蓋もない生活が繰り広げられているのだと明らかにする。そこにこそ我々は共感する。我々もまた、ヒーローではない一般庶民なのだから。
戦国時代の雑兵や庶民の人たちの食事や生活に焦点をあてた作品。戦国時代を描けるというだけで私は尊敬してしまう…戦国時代なのでいろいろ大変なことも起きてるのですが、絵柄のおかげでそんなに気持ちが重くならずに楽しめます。
光あるところ影がある。まこと栄光の陰に数知れぬ「雑兵」の姿があった…。当世流行りの「めしもの」の戦国版、だなんてナメてはいけない。食事情をとっかかりにして、戦国乱世を底で支えた雑兵たちの生き様を描き出している。貧しく悲惨で、大望も忠義もない必死の日々だけど、そうした部分を隠さず描いたうえで明るく笑えるマンガなのが凄い。武田軍の脅威など、主人公の力の及ばぬところにもドラマがある。そもそもの話、「考証ガッチリな時代劇で長編としてのドラマもあって4コマごとにオチてるマンガ」ってもうその時点で尋常でないのだ。
重野なおきさんが竹書房4コマに凱旋。今までの名のある戦国武将が主人公ではなく雑兵を主人公とした作品。面白い着目点だなぁ
いまや戦国4コマ漫画家のトップランナーとなった重野なおきさんの新作は雑兵を主人公にした作品です。「雑兵物語」は江戸時代に書かれた書物でそこに「めし」を入れることで4コマ作品として面白く仕上げています。この「めし」というのが肝で食事という狭い範囲ではなく、戦国時代の名もなき人たちの生き方を象徴する言葉となっています。戦国グルメというより戦国サバイバル4コマと言えるのではないでしょうか。名もなき人たちの人生も日々戦いであると。また主人公・作兵衛を筆頭にメインに歴史上の人物をモチーフにしていない、重野なおきオリジナルのキャラクター作品を楽しめるという側面もあります。
今日明日の飯の事だけ考える雑兵と落ちぶれ姫の生き様を…… 
ベテラン作家の手腕というべきか、ギャグとストーリーのテンポが丁度よくスルスル読め、
その日暮らしながらも笑いながら生きる作兵衛たちに活力を与えてもらいました。
パクパクモグモグするつるさんかわいすぎてこれが"萌え"か?となった
歴史飯漫画1。雑炊の回が好き。
重野なおき戦国4コマシリーズ最新作の主人公は信州小笠原家に雇われてる雑兵。功名よりも生きることと食うことを最優先する、今までとは違うアプローチ。このあとの戦国信州の行方を多少なりとも知ってるので作兵衛たちの未来が不安だけど生き抜いてほしい。

17位

さよなら絵梨 : 藤本タツキ

私が死ぬまでを撮ってほしい──病の母の願いで始まった優太の映画制作。母の死後、自殺しようとした優太は謎の美少女・絵梨と出会う。2人は共同で映画を作り始めるが、絵梨はある秘密を抱えていた…。現実と創作が交錯しエクスプローションする、映画に懸けた青春物語!!

quoted from Amazon

決まった大きさのコマが一定のリズムで連続していくというのは4コマの重要な特徴なので4コマとして評価したい。
ここに?
まさかこの場で藤本タツキ先生作品に投票する日が来るなんて。今年読んだ作品の中で衝撃的だった作品のひとつ。淡々と続く横長のコマが4コマというより映画のスクリーンを眺めているような感覚で一気に読まされてしまいました。連載じゃなくこれ読切なのも凄まじいですよね…いろんな感情が渦巻きます。
タツキ先生の創作論を漫画という媒体に巧みに落とし込んだ傑作。私は「創作者は傷つくリスクを背負っても感情の発露を愚直に記録するものである。」という風に受けとった。この感情の発露の象徴は本作では爆破にあたる。これは明らかにファンタジーだが、ではそもそも創作における真実とファンタジー(虚構)とは何か。カメラを通してみた前中編の母親の姿が全部読むと違って見えるし、父親の「息子に近づかないでほしい」という部分もネタ晴らしがなければはっきりと判別できないしこれもまた編集されているかもしれない。創作物一般において創作者の主観は勿論入るし、なんなら現実の物事も真か偽の二つに判定できるような形をしているかはそれほど自明でない。揺らぐフィクションと現実の境界線を巧みに漫画で実現、さらに結果として大部分四コマの漫画に"なっちゃった"というところが4コマファンとしてはこの上ない衝撃だった。
現実と映画、人と死、爆発そして爆発。諸々曖昧で色々と考えたくなるような作品ですが、とりあえず、あのオチを読めただけで100点みたいなところはありますよね。
あなたは何フェチがお好み!?目指せ!素敵お姉さん♡

憧れのお姉さんのように自分もなりたい紫山蛍。
会社の主任や花屋さんたち周囲のお姉さんが持つ
脚、匂い、お尻、美肌…などクラクラする魅力を
観察しながら”素敵お姉さん”になるために、日々奮闘中!
蛍が胸ときめかせるフェチの数々は、
きっとあなたのフェチ心をも突き動かすハズ!?

quoted from Amazon

作者のフェチ度合いが天元を突破してる
男の漫画家がやったらドン引きされるようなフェチ要素をほほえましく(誰とは言わないけど一部は引きます)、かわいらしく仕上げる手腕に惚れ惚れします。
待ってました!前作とはちょっと視点が変わったかな?と感じながらも、
属性というか萌えポイントの豊富さは変わらず。いや、むしろ深みというか業(ごう)の深さが増しているような。
だがそこがいい!その深さ大歓迎です。
えっと、何がとは言いませんがだだ漏れてますよ?
フェチのためには余念がトフ子さんの新作。内容も面白い上に絵の細部に拘りを感じ、それがまた読者を魅了する作品だと思います。あと太眉そばかす幼女のすずらんちゃんがとってもカワイイので一度見てくれると嬉しいです。
性癖という言葉がフェチズムの代替語と化した昨今、本来の意味である生まれついた性分のあるがままにフェチを追求する蛍さんの生き様が眩しすぎる…!
迸る「好き」の念をページに練り込む作風は前作『さわらせてっ!あみかさん』を経て更に極まってますね。
トフ子さんならではのフェチが満載の作品ですね。さわらせてっ!あみかさんとはまた違った攻め方でさすがです。
トフ子先生の描くキャラはみんな魅力的でいいですね~。
部活、友達、恋愛、自分…思春期の悩みは尽きないけれど、距離感のとり方がちょっぴり不器用なイマドキ女子高生かなめの毎日!

quoted from Amazon

旧作キャラのその後が垣間見えることも嬉しい。主人公基本明るいけど抱えたものはちょっと重い。
元・陸上の乙女は、何を想うのか…
笑いの中に混じる仄かな焦れがすてき
人との距離感ってムズカシイよね。長沢さんを参考にしたいです。
挫折を味わった女子高生ヒロインの転機となるアルバイト。そのお仕事とは…?というお話ですが、学生ものでもあるだけに同じ学校の生徒たちの濃いキャラが楽しかったり、作品の一つの柱でもあるスープのメニューにおいしそう…、と感じたり、こういうのがエモいって言うんですかね?
可愛らしい、でももどかしい距離感(ディスタンス)。縮まるよう頑張れ。

20位

オウルナイト (1) : 高津カリノ

夜の街では可愛いは真理☆
二十歳の大学生・宇佐木英知は、意を決して訪れた夜の街で謎のキャッチに捕まった!戸惑いながら連れていかれた先は、不思議なクラブ「オウルナイト」。そこは男性も女性も働く不思議な店で…?ナイトコメディー第1巻!

quoted from Amazon

奇人変人が集まる舞台で主人公を一番の変人にするという狂気。作者の腕がそれを可能にしてしまう。どこかにいそうだけれどどこにもいないキャラクターを生み出すことにかけては天下一品の作者の面目躍如たる出来。あとやっぱり絵が好き。
いつもの先生の作品より職業色が強め。でもやっぱりキャラの関係性が肝の作品。先生の作品にハズレ無し!
わーい高津先生の新作だー!ってだけで嬉しいんだけど、相変わらず変な人達オンパレードで面白い。
変人を描かせることに関して右に出る者はいない高津カリノさんの最新作は、夜のお仕事。こんな変人ばかりが集まっていてもお店として成り立つ奇跡のバランス。さすがです。
ゲーム屋さんでアルバイト中のましろが謎のディスクを立ち上げたら、
現れたのはゲーム内の勇者・エルヴィーラ!
転移魔法で戻ろうとするも、現実世界ではレベル1で魔法も使えず。
店員として雇ってもらった勇者エルヴィーラのレベル上げの日々が今、始まる!?

quoted from Amazon

ゲーム世界をそのまま現実に持ってきた感じがワクワクして面白い。単行本のデザインがゲームソフトっぽくて良いので電子より現物で読みたい。
ゲームの世界から飛び出してきた勇者 エルヴィーラはレベルも覚えた魔法もすべてリセットされてしまっていた!元いた世界に帰るべく現実世界で色んな経験を積んでレベルアップ=転移魔法の習得を目指すが、僧侶のルチアをはじめ次々にゲーム世界の仲間やモンスターが現実世界に現れて……?
ゲームショップでのバイトを頑張ったり、本屋さんでのお買い物に目移りしたり、現実世界での体験を満喫していくエルヴィーラたちがほほえましくてかわいいです。1巻のなかで特に好きなのは魔法使いのエルフ・アレッタが仲間に加わる回。アレッタは遅咲きながら長年のたゆまぬ努力によって魔法を極めたエルフですが、現実への転移時にエルヴィーラと同じくレベルと魔法がリセットされてしまいます。そんな彼女がリセットの事態に一度はくじけながらも再スタートへ向けて「地道な努力は慣れてる」と言ってみせる姿がとてもりりしいです。
ゲーム世界出身組の装飾が細やかな衣装を描き切る作画にも注目。
異世界からやってきた勇者たちがゲームショップで働きながら元の世界へ戻る方法を探すクエストに挑む逆異世界転移4コマ。RPGのお約束を踏襲したコメディが楽しくて、さらには転移でレベル1に戻されつつもこちらの世界でお世話になる人たちのために懸命に奮闘する勇者たちの姿もいいですね。作者のむらさき*さんは、かつてコミックキューンでもかわいい4コマを連載していたんですが、そちらの作品は残念ながら早期で終了してしまったんですね。今でもあの終了は残念に思っているので、時を置いて芳文社きららでこの連載が始まった時はほんとにうれしかったですよ。
かわいい。癒し。
ゲームの世界の住人であるエルちゃん達が、現実世界に上手く溶け込んだ様子を描けていると感じた。また、ゲームのパッケージを思わせる装丁も印象に残った。これからもエルちゃん達の冒険を楽しみたいと思う。

22位

探偵夢宮さくらの完全敗北 (1) : ちょぼらうにょぽみ

自称きらら出禁作家が贈るハチャメチャ探偵ストーリー!

小さい頃から探偵になることを夢見ていた・主人公さくら。
高校入学と同時に憧れの「探偵部」へ入部するも、
そこにはとにかく“ヤバイ"メンバーが集まっていて…?

“きらら史上稀にみる問題作"登場。

quoted from Amazon

超シュールなギャグ4コマ枠のきらら作品は結構偏愛してしまいます。百合展開にも期待したいですが、どこまでかっ飛ばしてくれるのかも注目なのです。
休載が続いているけど、本作は無事に乙できるのか…?
頼むから漫画描いてくれ。
食い意地が張ってるばかりで他に何のとりえもない大奥女中のお福が任命されたのは、御台さま(篤姫)の“毒見役”。
毒への恐怖よりも食い気が勝るお福にとって天職と喜ぶ一方で、これまで想像もできなかった大奥ならではのトラブルが舞い込んでくるように。
果たしてお福はご馳走にありつきながらも、篤姫をお護りできるのか?

quoted from Amazon

とにかくうまそう
なだけではなく、実在の人物も登場してキャラクター色とりどり
食いしんぼなポンコツ女中は命がけの毒見役に転属されたけど、今日もご飯がおいしいです!
呑気で気弱でむちむちな福さんが幕末の世知辛い政治劇に持ち前の食い気と純朴さで健気に立ち向かう姿は読者の腹を空かせ…もとい胸を打ちますね。
竹書房での初作品。芳文社での葛飾北斎の娘を題材にした作品と比べると、
食を扱う今作のほうがより感覚的というか、本能的?
キャラクターの尖ったところも含めて、入り込みやすい漫画になっているように感じます。
大河ドラマ篤姫は2008年だったか。あのドラマにお福がいたら・・・当時のNHKはやらないか。この漫画で一番知りたいこと。それはお福に毒は効くのか?毒を盛られても平気で、毒味がわからない、そんな感じがするお福。果たして役目を全うできるのでしょうか。
この人の作品はいつも面白いです。
"私だけ"の体験であったものが残されていく記録帳。遠くにあって触れられないものに、料理や記録帳などを通して近づく様子が面白く、また涙を誘います。話に組み込まれた料理の数々も大変魅力的。雑煮食べたい。
歴史飯漫画2。福の食に対する執着が大奥の凍えた空気を温めていくのがいい。

24位

恋がわからぬ大人共 : 赤のキノコ

「付き合うって…何すればいいの?」

ゲーム友達のマッスー(本名:正村翠也/27歳)と付き合うことになったジャジャさん(本名:北村さよ/28歳)。だけど長年友達だったうえに恋愛経験ゼロなふたりは、どうやって“恋人”らしくすれば良いか悩む日々。うぶな癖にストレートに愛を伝えてくるマッスーにジャジャさんは赤面しっぱなしで…?

SNSでも人気沸騰!アラサー同士が中学生みたいにもじもじしながら愛を育む、ほっこり焦れキュンラブコメ待望のコミックス化!!
【描き下ろしもたっぷり収録】

quoted from Amazon

自分から見ればこの二人でも十分若いカップルであるので『大人なのに』感はあまり楽しめなかったかもしれないが普通にラブコメとしても面白い。
読んでるとそこだー!だけえー!って叫ぶじじいになる
2人のういういしさが良い作品。
オンラインゲームで知り合ったアラサーのジャジャさん・マッスーのラブコメ。熱いね、どーも。オフモードジャジャさんが可愛くてよき
ナンバリングが無いけど、2巻が本当に出ないかな、と思うほど初々しいラブコメ。純愛だなぁ、って。絵柄と合ってるお話なので、読んでて気持ちが良い。
とても可愛い。可愛い。可愛い。

25位

他人で、家族♪

建てかえ寸前のボロアパート・花丸ハイム。
そこに住まうワケあり&クセありまくりな住人たちのドタバタ人情コメディ!

これぞむんこワールド!な第1巻!!

quoted from Amazon

「らいか・デイズ」でお馴染みのむんこ先生の新作漫画。
大家も3人の住人もキャラが濃く、しれっと超常現象が起きたりもするなど、かなりギャグに振り切った作品になっています。
訳ありな人たちがちょっとドライだけど、それでも共同体として仲良くつながる。こういう人づきあいがしたかった。
事件じゃなくて恋が発生!?

南秋葉原交番に勤務する先輩後輩コンビ、佐久間るる巡査と花岡栞(しおり)巡査は、なんとなくお互いの存在が気になっていたある日、ひょんなことから交際をはじめることに……!? 日々の警官としての任務と互いを思いやる恋愛──どちらにもふんわりドキドキ一生懸命な女子警官二人の交番イチャコラコメディ、開幕!!

quoted from Amazon

女性警察官同士の百合コメディ。普段は自由人な先輩が後輩を翻弄するが、恋愛になると立場が逆転するのが良いです。
警察官ものの百合来てるんじゃないですか。警察の仕事そっちのけでいちゃついたり、エロいセクハラや嫉妬のヤンデレみたいなのもあったり、ギャグ仕立てなのに甘々百合漫画なのが良いのです。
「ねこを飼いたい」「ワシ、どう…?」

大沖が贈る最新作!!
顔は怖いけど心がピュアな兄ちゃんと、兄ちゃんに飼ってもらいたい広島弁でしゃべるへんなねこの、まったりコメディ!
フルカラーマンガでお届け!!

quoted from Amazon

へんな猫が本当に変!前田さんみたいな猫がいたら面白いよなあw

28位

ねこもんすたー : ぱんだにあ

人を惑わす魔性の魅力…!
大人気「ねこようかい」に連なる新シリーズ第1弾!!

ねこもんすたーは ねこのような もんすたーのような 不思議な生き物。

オールフルカラーでここだけの描き下ろしも収録。
累計閲覧数300万突破のほのぼの系ねこマンガ♪

quoted from Amazon

ねこようかいも大好きなんですが、ぱんだにあ先生が描く猫はカワイイだけじゃないのがとてもいいです。

29位

「すべてが恐る恐るだ。だって壊したくない。」

駆け出しの小説家・バンビが越してきた格安事故物件にはかわいい女子高生の幽霊・アコが住んでいた。記憶を持たないアコと徐々に交流を深めていくバンビ。彼女をモデルとした小説を書いたところ、読者から「そちらに亜子がお邪魔していませんか?」という手紙が届くのだが……。

お互いに大切な存在だからこそ、優しくそして恐る恐る距離を縮めていくあことバンビ。
二人の間に流れるゆるやかな時間を、名手・HEROが細かな感情表現で紡いでいく。
『堀さんと宮村くん』のHEROが贈る青春群像、待望の書籍化!!

quoted from Amazon

キャラを完成した後の空気感が最高
20年代を代表する傑作まんがのひとつだと思います。Webで全話既に読めますので、みなさま是非…是非…
小説家と女子高生幽霊とその他のひとたちのお話。それ自体はよくありそうな設定かもしれないけど、HERO先生はやっぱり青春群像劇というかお話や会話の運びがとてもうまい方だな、と満足度高い作品でした。
小説家と幽霊?のボーイミーツガール&少し不思議系ラブコメ。ラブのコメの行方も、幽霊の謎も気になります。
ある意味今年一番衝撃を受けた作品。途中からハラハラして仕方なかったんだけど、読み終わった時にとても不思議な気持ちになった。
そうかファンタジーだからこれで良いんだって納得したし、ファンタジーにまで型にはまった物を求めてた自分に驚いた。
私はよく嫌われます 他人の意見は軒並み潰したい いじめ加害者気質の人に

昨今の歪な報道を、誰も言えなかった言葉で稲妻のように貫くコメンテーター・エンドウさん。
これは「現代に、もしこんなコメンテーターがいたら」という物語である。

quoted from Amazon

本当にエンドウさん今のテレビ界に出てこないかな…必要だと思うんですよ。
淡々と、しかし辛辣に繰り出される世に溢れる無責任な言動への批判。
実際に彼のようなコメンテーターが居てくれればどれほどいいか。

31位

カニバルカーニバル! (1) : さーもにずむ

殺し合いがコミュニケーション!?職務に実直な騎士団長と死にたがりの食人鬼ヒロインが織りなす異色のコメディがいま幕を開ける!

quoted from Amazon

殺しても死なない食人鬼と、その討伐の命を受けた騎士の、殺し合いコメディ。斬殺毒殺なんでもござれな血みどろドロドロの描写でありながら、悲壮感のないコミュニケーションが行われているのが凄い。
ほのぼのとさつばつは両立出来る。
とっても愛着ある作品がノミネートされていて嬉しいです(∩´∀`)∩ワーイ
日常系というより笑いを取りに行く系の内容ですがキャラも可愛いのでおすすめの一品。これからも頑張ってくださーい\(゜ロ\)(/ロ゜)/
魔物を狩って目指せオフクロの味!!
食いしんぼう魔法使いと狂戦士が日本のおウチごはんを再現しようと旅する異色グルメ冒険譚、第1巻!

コカトリスの出汁巻き卵、ミノタウロスのミルクシチュー、ヤマタイミソの味噌汁…などなど11のレシピに加え、
コミックスでしか読めない各話の後日談漫画&描き下ろしエピソードをたっぷり収録!!

quoted from Amazon

鮒ずしは日本の家庭料理じゃないだろうとは思うが、異世界の材料で再現するなら素材はこんなのではというコンセプトは面白かった。
長身のムチムチと幼児体型のムチムチ二人の掛け合い最高のフェティシズムを感じます。異世界要素を加えたとは思えないくらい料理が美味しそうです。残念ながら現時点で作品は終わってしまうのですが私は続きが読める事を祈って2巻を買いたいと思います。
姫のためなら死んでもいい!! 吐血の数だけ距離が近づく新感覚新婚ラブコメ!!
毒を撒き散らす魔界の姫・ラフィ。人間界を背負う不死の騎士・ロレン。魔界と人間界の休戦のため、それぞれの思惑で結婚することになった相容れない二人――。だがその実態は、毒で傷つけたくないから人との距離を置きたい内気でかわいい姫様と、そんな姫様と仲良くなりたい一心で何度死んでもめげずに復活する、姫にぞっこん一途な騎士の不器用すぎるウブウブな新婚生活だった!?政略結婚からはじまる新婚イチャコラ悶死(物理)ラブコメディ・開幕!!

quoted from Amazon

感情の昂りで思わず致死毒を振り撒いてしまう魔界の姫(妻)とその毒で何度死んでも蘇る不死身の人間(夫)という、破れ鍋に綴じ蓋な関係が面白い。
2人に使える従者も個性的で物語の盛り上げに貢献してますね。
絵柄が非常に可愛らしいのもポイントが高いです。
無意識に毒を振りまいてしまう姫様とそんな彼女と唯一付き合える不死身の騎士との交流を描くファンタジーラブコメ。ほのぼのした内容も絵もかわいくて、殺伐としたバトルマンガの多いビッグガンガンにおける一服の清涼剤となっています。スクエニの数少ない4コマとしてがんばってほしいな。
転生先は乙女ゲームの世界…はいいとして、どうして私が悪役令嬢で弟がヒロインなわけ!?
とっても不本意だけど弟と共闘してバッドエンドをうまく回避するない!!転生先は乙女ゲームの世界…はいいとして、どうして私が悪役令嬢で弟がヒロインなわけ!?
とっても不本意だけど弟と共闘してバッドエンドをうまく回避するない!!

quoted from Amazon

姉弟とも感情移入はしにくいキャラだったがその分だけ変なフラグを立てていくのが楽しめた。

35位

カコミスルちゃんねる : カスコミル

総いいね数3000万超え!出せばバズる!! 新時代ギャグ4コマ!!!!

日常・異世界・動物・御伽話……、あらゆるものをカコミスル流にアレンジして笑いに変える。
Twitterフォロワー数25万人越え、作品を出す度にバズる、令和最強のSNS無双作家が放つ、傑作4コマ作品集.!

Twitterで一度は目にした?作品も、著作権の壁を越えたあの作品も、
バラエティに富みすぎた作品たちを、みんなまとめてこの1冊に!!
大ボリュームの描き下ろし作品50本も合わせて収録!!!!

quoted from Amazon

発想の豊かさに感心すること頻り。
それを一冊分積み上げた実績は本当に凄い。

36位

「Mリーグ」が10倍楽しくなる!

日本一盛り上がっている麻雀プロリーグ「Mリーグ」(ABEMAにて好評配信中)の非公式4コママンガ!

人気選手のキャラクターや試合のウラ側、はてはチーム内の人間関係に至るまでを綿密な情報収集の上で完全妄想!

Mリーグを知らない人でも楽しめる、知っている人ならより一層楽しめる、そんな4コママンガ集です。

quoted from Amazon

女流雀士が皆かわいいのです。よくかき分けてる、さすがプロ。そして作中のいじりは、選手に対するリスペクトなしでは描けない。それがわかるから尚笑える。そんな4コマ。

37位

ラブアマ (1) : 有村唯


本のクリスマスキャンペーン 10%ポイント還元~

恋を知らない恋人(仮)関係!?

恋に臆病なOL・柴田さんは再び恋を
するために恋愛を学ぶ講座に参加。
偶然にもそこで勤め先の社長と遭遇する。
恋が面倒な社長は結婚を急かされいやいや参加していた。
そんな二人が恋愛を学び、恋人を作るために
恋人(仮)になった!?ドキドキラブコメ4コマ。

quoted from Amazon

読んでてほっこり。エスクトリームな漫画ばかり読んでるとこういうのが癒しになるとよね。
ラブ甘ではなく、ラブアマチュア。社長とOLが恋愛講座に参加して仮の恋人に。距離感がすごく好きな作品
フタバ飲料総務課総務部に勤務する鳳来寺歩華。どんなときでも決して崩れない笑顔は彼女の特技。
その笑顔ゆえ社内で人気の歩華だが、最近異動してきた聖には調子を狂わされっぱなし。
他人に踏み込み過ぎないことを信条とする歩華は聖に苦手意識を抱くが、なぜか彼女とペアを組まされることになって…?

quoted from Amazon

デレて行く様がとても良いです本当にありがとうございます。
ちょっとダークな4コマ…のようだけど、じつは“意味がわかると"怖くなる。
謎を解くカギは、「日本のことわざ」

「正直者が馬鹿を見る」「怪我の功名」「長い物には巻かれろ」…
有名すぎることわざを題した どこかがおかしい4コマたち。
ページをめくると…ことわざの語釈と、怖くなる“意味"の解説を掲載。

隠された恐怖に、あなたは気づける?
新感覚の、ミステリー×ホラー×ことわざ事典

quoted from Amazon

「意味がわかると怖い4コマ」の異母姉妹作(作者は同じだが版元が異なる)。4コマだけでは「?」と未消化感を残して次の解説ページでオトす、という構成は相変わらずの冴えだが、こちらはホラー基調に加えて「ことわざ」縛りなのがミソ。「このことわざでこんな話かよ!」というこじつけ感を感じるところも多々もあるが、それがまたギャグテイストとなって面白みを増している。
声に恋する【声フェチ】若王子さん!

クールで仕事ができる若王子さんは、仕事疲れを声で癒やす重度の「声フェチ」!!
そんな彼女の部下に配属されてきたのが超美声の岸川くん。
真面目で控えめで熱心に頑張る上に、岸川くんのその声が好みすぎてクラクラの若王子さん。
声から巻き起こるふたりの関係から目が離せない!?

quoted from Amazon

ババアとクソガキの憩いの場♪

花丸町にあるおもちゃ屋「ファニーランド」は、名物ババアが常連のクソガキたちをたくみに接客!?
ゆかいな子どもたちと過ごす騒がしくも楽しい日々を描いた、爆笑&ドラマチックな4コマ!

著者むんこが持つ、いにしえのおもちゃを紹介する描き下ろしページが特別収録!!

quoted from Amazon

美人デパガはおひとりが似合う!!

富士宮さんはデパートの受付嬢。
仕事もできて美人の彼女は同僚男女の憧れの存在。
誰もが彼女と仕事以外での交流をしたがるが、
誰も彼女のプライベートを知らない。
そんな彼女は「おひとり」遊びのエキスパートだった!!

quoted from Amazon

デパートの受付嬢・富士宮さんは才色兼備で誰からも好かれる人物。そんな彼女に思いを寄せるのはガードマンの内山くん。高嶺の花と気後れする内山くんが休日に全く違う雰囲気の富士宮さんを見かける。この基本設定から富士宮さんが休日をおひとりで満喫する姿を内山くん視点で描かれる4コマ。ゲームセンター、立ち食いそば、海釣り、寄生虫博物館。富士宮さんがジャンル問わずあらゆるものを超人的に楽しむ姿が面白いです。
聴こえちゃいました…? 私のロック…

極度のあがり症&コミュ症のため、まともな友人がいたことのない奈川芳野は、高校入学早々にもコミュ力ゼロな失敗を繰り返し、トイレの個室に逃げ込んでしまう。だが、そこで芳野が思わず口ずさんだ歌が……聴いた者の心を変えていた!!
共鳴し合う4人組JKバンドの青春と友情のロックストーリー、開演!!!!

quoted from Amazon

44位

ねこのクトゥルフ : ぱんだにあ

宇宙的恐怖拾いました。

僕の家には猫がいる。
でも、ちょっと普通じゃないんだ……。

クトゥルフ神話の神々と生き物たちが、冒涜的可愛さの猫になっちゃった!?
名状しがたき猫漫画!

quoted from Amazon

猫だけどしっかりクトゥルフ神話。
主人公の背景が明らかになった時は思わず膝を打った……そうだよな、たしかに必要だよな。

45位

お義母さんと相互 : 矢切めり

お義母さんと相互FF(フォロワー)!?

結婚後もOLを続けながら、密かに同人活動も行っている主人公・えりこ。
ある日、たまたま目に入った義母のスマホは、えりこが描いたイラストが待ち受けになっていて──!?
「お義母さん、まさかお仲間!?」
ひょんなことから嫁と義母が相互フォロワーになるという前代未聞の関係が織りなすオタ充ストーリー!

「この二人の関係が最高で理想!」といった世の女性オタク達の理想を描いた話題作。

quoted from Amazon

同人作家の姑が自分と同じ作品を好きな事が発覚して始まる二人の…… 
共通の嗜好を通じてワイワイオタク活動してるのが読んでて楽しかったです。
これは、年の差の、百合、です。年の差百合オブザイヤー、です

46位

最高にハートフル!
シンデレラのことを“好きすぎる"継母と姉たちの愛に包まれた4コマ漫画。
シンデレラを思うがゆえの継母の愛おしい小言が満載。過去の記憶に思いを馳せ、目を潤ませる姿も! ?

「ネコノヒー」「スキウサギ」「スキネズミ」「悲熊」など、次々に愛される漫画を生み出してきたキューライスが描く新境地。「オモコロ」で連載され、SNSなどで話題の“キューライス版・シンデレラ"が待望の書籍化!

quoted from Amazon

『乃木若葉』のほっこりハートがあたたまる日常&お料理4コマ!

TVアニメ『結城友奈は勇者である』から遡ること300年前、初代勇者たちの活躍を描く『乃木若葉は勇者である』のスピンアウト4コマが登場! 勇者・乃木若葉たちが過ごす“戦闘ゼロ・ごはんたっぷり”の日常をお贈りします♪

quoted from Amazon

主婦漫画家のA子が、気の向くままにぶらりお買い物♪
文具に洋服、靴やアクセサリー♪ 本や雑貨に、おいしいお菓子♪
今日もきょうとて、気に入ったもんはぜ~んぶ即購入! 買い物の後には欠かせないティータイムも。
そんな日常を描いた、爽快ショッピング4コマエッセイ。
読んだら、ついつい買い物がしたくなる1冊です!!

quoted from Amazon

49位

たのしい4コマいっぱい!

フジテレビ『世にも奇妙な物語 '17秋の特別編』でドラマ化された「女子力」をはじめ、「三つ星レストランで会計スマートなのに食器返却しようとする人」や「めちゃくちゃ仕事できるのに初めて炭酸飲んでびっくりして泣いちゃう人」など、ギャグ漫画家・せきのが2015年から2021年までネット上で発表してきたシュールな4コマ&漫画の中から164本を厳選。描き下ろし作品も加えて1冊の本になりました。

quoted from Amazon

令和の小学校で大いくさ…!?

関ヶ原小学校に入学した、小早川ひであき君(6歳)をめぐって
徳川いえやす君と石田みつなり君(同じく共に6歳)の
戦いの火蓋が切って落とされた! 日ごとに熱を帯びる!
スクールバトルコメディー待望の第1巻! !
いざ、参らんっっ! ! !

quoted from Amazon

51位

たぬきはつらいよ : 青井けむし

ちょっとかわいそう、でも笑える。たぬきと園児のゆる~い日常4コマ。

森で暮らすたぬきのぽんは、土地開発によって住みかを奪われてしまう。
人間への復讐を心に秘め、保育園児くにおの元に潜入すると…
スマホ、ゲーム、おやつにカップ麺。人間の生活って最高ぉ~~~!

――でも待て、くにお! 俺様はお前のペットじゃねええええ

quoted from Amazon

52位

父と子 : あさや みのる

父と子、毎日はっけんがいっぱい。

SNSで話題の、父と子のハートフル4コマがフルカラーで書籍化!!

好奇心旺盛で元気いっぱいな、はーちゃんと、ちょっと無口だけど優しい、お父さん。
そんな父と子の、何気ない日常4コマが書籍化。

ここでしか読めない描きおろしも収録!

quoted from Amazon

お父さんとその子供のはーちゃんが送るありふれた日常を描いた4コマ作品です。大人にはありふれた日常でも幼児にとっては「初めて」はーちゃんが見て聞いて触って感じるものすべてが新鮮で楽しいものであることが読んでいると伝わってきます。お父さんもそんなはーちゃんの気持ちを大事にしています。さらにはーちゃんが直感的にする行動で大変なことになりそうになると、お父さんがファインセーブする子育てあるあるも描かれていてそれもまた微笑ましいのです。の体験であることを描いているのが魅力的な作品です。

53位

コアラ絵日記 : ゆあみ

かわいくて、癒されて、 なんだか泣けてくるコアラの日々

理想的な、完璧な1日にならなくても、それでいい
今日もいい日、明日もいい日

Twitterで大人気の「コアラ絵日記」が待望の書籍化
描きおろしも充実で大満足の1冊です。

quoted from Amazon

ツイッターでときどき誰かがリツイートするのが流れてくるたびかわいいなと思っていたものが本になってたので買いました。季節を丁寧に感じながら、サイレントでかわいくやさしい時間が紡がれていくコアラさんの日常。心地よい作品です。

54位

ゆるふわカエル図鑑 : じゅえき太郎

迷子のオタマジャクシが出会ったのは、日本中の不思議なカエルたち。雨を予知できるアマガエル、強力などくをもつヒキガエル、日本一美しいイシカワガエル、木の上にすむモリアオガエルなど、すごいカエルがせいぞろい。
SNSで人気の「ゆるふわ昆虫図鑑」から、カエルたちの物語が誕生。オール描き下ろしの新作漫画をフルカラーでお送りします。

quoted from Amazon

昆虫図鑑の方もおすすめです
「おやすみ」まで、あと2時間半。

会社員の女性(ちろ)とオチャメな恋人との、かわいくて愛おしい時間を『さめない街の喫茶店』のはしゃがコミック化。
""イチャイチャ"でもなく、"ほのぼの"でもない、新感覚のノロケ話。
とりとめのない刻の連続が、読む人を幸せな気分にしてくれる、
「彼女」と「彼」の日常マンガ。
オリジナル版から描き下ろし30P以上&加筆修正を加え、待望の書籍化!

quoted from Amazon

56位

からめる : からめる

大人気「からめる」が待望のコミックス化!

YouTubeチャンネル登録者240万人超!!

世界的に大人気の動画クリエイター「からめる」が〈br〉 月刊コロコロコミックで連載中の漫画…遂にコミックス化!

漫画内でもテンション高く展開される
からめるワールドを
是非お楽しみください!


【編集担当からのおすすめ情報】
可愛らしいキャラクターから放たれる、
無軌道でカオスなギャグの数々が魅力のこの作品!!

からめる動画のファンも、
始めて知った方も楽しめる内容となっておりますので、
ご一読くださいませ!

quoted from Amazon

57位

夜の訪問者 : キューライス

「ピンポーン」
夜に鳴り響く玄関チャイム。

郵便ポスト、和風ハンバーグ、死神、イチゴ大福…
今夜も不思議なヤツらがやって来る…!

『ネコノヒー』『スキウサギ』の著者キューライスがおくる
予想外な訪問者たちが繰り広げる4コマ漫画。

quoted from Amazon

キャラクター原案、カナヘイ!
オリジナルコミック100話オールカラーで掲載!
キャラ紹介、スタッフ・キャスト直筆メッセージ、ストーリーガイドなど企画も満載!

LINEスタンプでも絶大な人気を誇るカナヘイがキャラクター原案の面白かわいい、ちょっとシュールなハートフルコメディアニメを、シンエイ動画監修のもと完全オリジナル4コマ漫画化!
計100本の4コマ漫画に加え、キャラクタープロフィールや、カナヘイ、ぴのあると、神月柚莉愛、加隈亜衣、能登麻美子、諏訪部順一からの直筆メッセージなども収録。この1冊で『ちみも』の世界を味わいつくせます!

quoted from Amazon

59位

不器用な王子様 (1) : 鮭乃らるかん

不器用女子×サバサバ男子の学園コメディー

授業中いつも寝てばかりの月島宗一はある日、
学内で「王子」と呼ばれている人気女子・九条聖に声をかけられる。

最初こそ警戒していた月島だが、次第に打ち解けていく。
それと同時に「王子」であるはずの九条の意外な一面も
色々と見えてきて・・・!?

合いそうで合わない、微妙で絶妙な距離感な二人の
日常学園コメディー。

不器用すぎるアプローチ! その想いの行方は・・・!?

quoted from Amazon

王子様系の女の子かと思いきや実は少し天然な所もある九条と、本当の自分を見てくれている月島くんと屋上で会話をしているのは青春の憧れを思わせます。秘めたる想いもあるようですがガッツリ恋愛4コマじゃないのも読みやすかったです。

60位

猫 話し中 : はなやぎぶんぶん

Mちゃんの愛猫・スミさんはいつでもマイペース。 いくら注意しても好きな場所でおトイレするし、 アパートが豪雨災害による冠水で孤立状態になっても動じない。 そんなマイペースなハチワレ猫スミさんと、 愛猫を溺愛するMちゃんの愛らしいほっこりエピソードが満載の ほのぼの観察日記

quoted from Amazon

お金のことなら神様に聞こう。笑えてためになる、マネーギャグ4コマ!

いつも金欠のサラリーマンが出会ったのは、”お金の神様”!?
これでお金の心配はなくなった……かと思いきや。
神様との共同生活は、お金がなくても楽しいね。

Webサイト「マイナビニュース」にて人気のフルカラー4コマ漫画が、待望の単行本化です!

漫画家・イラストレーターとして、幅広く活躍する作家・しりもと。
ポップでサイケ、キュートでシニカルな読み味が、読めば読むほど癖になる!
著者が書き溜めてきたイラストも特別収録。
全ページ、まるっとフルカラーでお届けします!

quoted from Amazon

たくさんの投票

ありがとうございました!!!