gXCwO7r8IxuP8BHさんの選んだ新刊部門4コマオブザイヤー2021!

ホレンテ島の魔法使い (1)
谷津
芳文社
2021-02-25
ホレンテ島の魔法使い = まちカドまぞく + ご注文はうさぎですか? + ミュージカル といったような作品。 主要キャラは5人で、主人公のあむを中心にキャラ達を組み合わせてワチャワチャ話が進んでいく。 そういう点でいえば、「ご注文はうさぎですか?」のような印象を受けるかもしれないが、あくまでそれは一側面。 ストーリー的には、島に伝わる魔法の謎を解くという軸があり、これがなかなかにテンポよく展開され、考察しがいもある作品となっており、さながら「まちカドまぞく」のよう。 また本作の特長として4コマ内でミュージカル調になるところがあり、そこで生き生きと動くキャラたちがとても見どころ。マンガなのにとても生き生きと"動いて"いてすごい。 また本作は歌が一つのキーになっているようなので、ミュージカル調になることも納得感があり、それもよい。 総じていうと、魅力的なキャラ達が生き生き動きつつ、ストーリーも展開していくという作品で、いわゆるきららのストーリーもの4コマとして「まちカドまぞく」に肩を並べるポテンシャルは十分にある作品だと思う。 現行連載ではさらに伏線が張られ、明かされ、あむが最初に目撃した魔法使い(?)とご対面という激熱展開かつまだまだ解くべき謎はあるという状況なので、きららのストーリーもの4コマ好き、「まちカドまぞく」のように小気味よくストーリーが展開していく作品が好きという方にはぜひ一読いただきたい一作。
しあわせ鳥見んぐ (1)
わらびもちきなこ
芳文社
2021-10-27
バードウォッチングのお話。 絵に悩む美術学生のすずが、ひょんなことから出会った翼とバードウォッチングを通し成長する姿がとても王道で、読んでいてとてもすがすがしい気持ちになる一作。 鳥の描写もとても丁寧。アップでもそうだし、引きでも。特に伊豆沼のシーンは映画のワンシーンを見ているようでとても印象的。 話のつくりも、鳥の描きこみも、とても丁寧に作られていてとても好き。
またぞろ。 (1)
幌田
芳文社
2021-04-27
マジで人間苦手な殊ちゃんがとてもよい。 テンプレ的に、頭は弱いけどやればできる子!ではないが、それが逆に周りに支えられつつ生きていく様がまさに優しい世界でとてもよき。 終盤の展開に一癖あるが、全体通じて、はまればとても癖になる魅惑の一作。
妖こそ怪異戸籍課へ (1)
柴朗
芳文社
2021-11-26
市中生活を送る妖怪の日常をしっかり掘り下げて描写しており、そういう意味で高いレベルの王道という感じで良い。 なにが、とは言いにくいが読んでいるうちにはまってしまった。
はなまるスキップ (1)
みくるん
芳文社
2021-05-27
きららの皮をかぶってやりたい放題やっているマンガ。 やりたい放題やっているが、無茶苦茶ばかりではなく、行動としてギリギリ理に適っているところもありそのバランス感がとても好き。さすが令和の萌え。 自分も平日にぽかぽか()したい。

gXCwO7r8IxuP8BHさんの既刊部門4コマオブザイヤー2021!!

まちカドまぞく (6)
伊藤いづも
芳文社
2021-02-25
もはや言わずと知れたご町内まぞく4コマ。 終盤の山を越えた後にもうひと山くる展開はさすがとしか言いようがない。
むすんで、つないで。 (2)
荒井チェリー
芳文社
2021-09-27
暴走気味の鳥居さんがいちいち面白かわいい。
恋する小惑星 (4)
Quro
芳文社
2021-05-27
未選択
未選択

gXCwO7r8IxuP8BHさんと似た人

合鍵 文絵
青木毎さん
Tz
やきさし
女と女とシ主身寸器
翁
渓埜 胡保 @ 何れ總て終わりを迎える
まきまき
金具(*∂v∂)
nora1(準備中)
たわし
猫にゃん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加