TcE232_519_661さんの選んだ新刊部門4コマオブザイヤー2021!

ホレンテ島の魔法使い (1)
谷津
芳文社
2021-02-25
"ここは 夢と現の汽水域"、単行本の帯にあるこのキャッチコピーが本当にその通りである作品です。私が一気に引き込まれたのはやはり"ざんねん坂"の回でしたね、それまでもちらほら見えていたこの島の奥にある物が包み隠さずドンと出てきていて。これからこの5人が何を知り、その知識を用いてどういう結論に至り何を為すのか非常に楽しみな作品です。 演出という面で光るのはやはり歌でしょうか、折に触れて色々な歌が出てきてそのどれもが4コマの画面構成を活かしありありと読者に向かってきます。そして1巻範囲ラストのミュージカル!これまでの歌を練り上げつつさらに一つ大きなものとして纏められていて非常に良かったです。少々気の早い話ですがアニメなどのメディアでもみてみたい作品になりますね。 最後になりますが、"ごちうさ"が最前線を走っているきららMAXにこの作品が来た意味は本当に大きいと思います。日常系って言われがちな作品はえてして非日常的な側面を包含しがちですが、この作品はそこを意図的に入れて新たな境地に至ろうとしていると思います。なんとか大成してほしい作品です。正直なところ今回投票した10本の中で最推しの作品です。
またぞろ。 (1)
幌田
芳文社
2021-04-27
ついに陰キャきららの系譜もここまできたかという感想を抱かざるをえない作品ですよね。主人公穂波殊はとにかく生きるのがへたくそで、ほかの留年生ふたりや阿野楓、そして2年生の2人や何より堤麻里矢も一筋縄ではいかなくて。そんな彼女たちの姿に強めに斬りつけられながらも読み進めずにはいられない、そんな作品でした。個人的には、無印に出張掲載された回のオチで竹屋先生がいかにもきららアニメのパブリックイメージに沿ったアニメをみながら「現実もこんなだったらいいのになあ」と呟くというのがエッジが効いているとともにこれまでのイメージを破壊して新たな地平を進んでいこうという気概を感じて好きです。
しあわせ鳥見んぐ (1)
わらびもちきなこ
芳文社
2021-10-27
とにかく4コマの画面構成の仕方が卓越している作品でした。上から下にと行き来する読者の視点を時に利用し、時に裏切る。可能な限り1ページ8コマを維持しつつ崩しどころはおさえる。そんな工夫が随所で光ります。もちろんお話も面白いです。
妖こそ怪異戸籍課へ (1)
柴朗
芳文社
2021-11-26
戸籍という少々センシティブなテーマですが、それを妖怪という軸を入れることで扱いやすくしているというのは面白いなと思いますね。そして何より様々な妖怪にフィーチャーしていく個別回を重ねたうえで、主人公である山本睦子にいよいよ切り込んでいくという構成はやはり妙技と言えるのではないでしょうか。
はなまるスキップ (1)
みくるん
芳文社
2021-05-27
無法を働く異端児……と見せかけて実は骨太な面も光ってきている面白い作品です。現行連載の最前線だともっと面白いことになっていますが、1巻でもシェフ子回があるため選定に値すると思い投票いたしました。この作品にしかできないことを今後もやっていってほしいですね。

TcE232_519_661さんの既刊部門4コマオブザイヤー2021!!

まちカドまぞく (6)
伊藤いづも
芳文社
2021-02-25
前半も後半も大きな激動を迎えたこの巻。まちを巡る物語の奔流は次第におおきくなっていていき、まだまだ全然先行きが見えない状況で。それでも先が気になって読んでしまう、そんな物語で大好きです。あとやっぱり最後の最後に出てきて強烈な爪痕を残しいちど退場し……つつもさらなる昔が公開されることでまた違う魅力を光らせた那由多誰何さんでしょうか。相手役としてこれを持ってこれる作品だっていうのに少々驚きもありますがこういう方は大好きです。
ご注文はうさぎですか? (9)
Koi
芳文社
2020-12-25
物語は前巻に続いて旅先からのスタート。一度結ばれた人の輪は元の街に戻ってからも続いていて、新たな春からまた少し違った物語が動き出します!そしてその輪の外で不気味に息を潜めながら干渉を本格化してきた者、その名は狩手結良。彼女が起こす波紋からも目が離せません。それと少し余談ですが、エイプリルフール回はとても驚きました。
星屑テレパス (2)
大熊らすこ
芳文社
2021-09-27
内容とか色々と触れたいことはありますがここはあえて一点特化で。2巻最後に少し上向くところがあるとはいえ、2巻後半から3巻にかけてこうして落としていく展開をするというのはきらら漫画としてあまり見ないなと思いました。普通ですとどうしても2巻の最後で纏めるようなプロットになりますからね、2巻乙っていわれてしまうように。でも星屑テレパスはそれをしなかった、まさに王者の漫画がこの先どう飛んでいくのか非常に楽しみです。
こみっくがーるず (7)
はんざわかおり
芳文社
2021-03-26
新たに下級生2人に強く光をあてたり、かおす先生の連載が一区切りついたり。色々なことがありながらもそれぞれの道を進む彼女たちの姿はとてもいいものでした。少々いま手元にないため簡単な選評になってしまいすみません。
同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果 (2)
紺色3号
星海社
2021-11-12
一見するとハイテンションで百合をネタにしているギャグ漫画……のようですが実のところその裏に真摯に向き合おうとするものが詰まった作品です。1巻も投票範囲なのですが、2巻でのジュリさんの強火かつ真摯に創作に向き合う姿勢(それも百合に限らず)に惹かれたことと、何より伊緒さんとのばらさんを巡る物語がどストライクでしたので2巻の選出と相成りました。ちょっとテンション高めですが、百合を扱うということ、場合においては創作物を扱うということについては本当に真摯な作品なので是非にも読んでほしいです。

TcE232_519_661さんと似た人

Tz
霜築
渓埜 胡保 @ 何れ總て終わりを迎える
ペチカ
妖精からっぽまる
猫にゃん
女と女とシ主身寸器
翁
生チョーク
安藤
ほたてがい
ありのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加