stardust_2638さんの選んだ新刊部門4コマオブザイヤー2021!

はなまるスキップ (1)
みくるん
芳文社
2021-05-27
キャラクターの線が丸っこくて非常に可愛らしい絵柄……とは裏腹に倫理観が逸脱したキャラクター達によるコメディ漫画です。主人公たちはピクニック同好会という謎のグループを結成しており「ぽかぽか」を求めて学校の行事(賞金が出る)に参加したり、生徒会に立候補(選挙法違反)したり、孤島でサスペンスが始まったりと現在のきらら連載作品の中でも次の展開が全く読めない非常に尖った作品となっております。作品に色を添える担当編集の柱コメントも収録されており、落ち込んだ時に読んで笑って元気が出てくる様な気がするまさに「令和の萌え」(公式)です
ホレンテ島の魔法使い (1)
谷津
芳文社
2021-02-25
「ここは夢と現の汽水域」。これは『ホレンテ島の魔法使い』1巻の帯に書かれていたキャッチコピーです。この作品を読んだ人ならば分かる、この作品の言葉を表すのにこれ以上ないワードだと思います。魔法使いが住むという伝承が残る島という「夢」に対し、とにかく何でも魔法使いの伝承に結び付けて観光資源にしようとする「現」が表裏一体でくっついている所に主人公とその友人が解いていき次第に混ざり合っていく……。そんな世界観に興味を持った人は是非手に取ってほしいそんな作品です
六条さんのアトリビュート (1)
セトユーキ
芳文社
2021-03-26
画の中から制服を着た女の子が現れる。まるで絵画作品の様な表紙が特徴な『六条さんのアトリビュート』。きらら作品にはこれまで様々な美術を題材にした作品がございましたが、この作品は話の随所で美術作品とその背景を説明してくれるという、まるで美術館の展示解説を読んでいるかのような構成となっております。そんな解説をしてくれるのはタイトルにも冠せられている六条さんという幽霊です。彼女には自身に纏わる生前の記憶がありませんが何故か美術の事だけは覚えています。はい、ここでもう一度この単行本の表紙を見てください。この絵画作品の様な表紙は『六条さんのアトリビュート』という作品を的確に表現したものとなっております。もしこの表紙に惹かれましたら是非読んでみてください。読んで楽しく美術雑学が身につくかと思います
またぞろ。 (1)
幌田
芳文社
2021-04-27
『またぞろ。』は留年した3人と留年予備軍1人の人間としてダメダメ(特に主人公)な学校生活を描いた作品となっています。とにかくキャラクターの表現方法が上手く、特に表情によるキャラクターの反応がセリフや間に重みを残しており、真綿で読者の首を絞めるという表現がここまで合う作品も珍しいと思います。そんなダメダメなのだけれども、ゆっくり一歩ずつ踏み出そうと奮闘する人たち(特に主人公)の物語を是非。
しあわせ鳥見んぐ (1)
わらびもちきなこ
芳文社
2021-10-27
『しあわせ鳥見んぐ』は表現に悩める美大生がバードウォッチング(鳥見)を通して人や自然と触れ合っていく作品となっています。この手の作品を左右する要素として対象物や自然の描写が挙げられますが、『しあわせ鳥見んぐ』は綿密に描かれた鳥の作画とそれを引き立たせる目を引く風景が際立っているだけでなく表現方法のも非常に拘っており、まるでムービーを見ているかの様です。1冊読了後の満足感はここ最近に刊行された新刊の中ではピカイチだと思います。

stardust_2638さんの既刊部門4コマオブザイヤー2021!!

ステラのまほう (9)
くろば・U
芳文社
2020-12-25
もし『ステラのまほう』を雑誌連載で追っている人がいましたら是非単行本を読んでください。この巻はついに主人公である本田珠輝の物語となっており彼女にとって姉のような存在である椎奈先輩との関係が描かれておりますが、原作で描かれた「その先」が描き下ろしとして巻末に描かれています。この2人がそれぞれに抱く想いを端的に表したそれぞれの言葉が『ステラのまほう』としての集大成の一つともいえると思えます
私を球場に連れてって! (4)
うみのとも
芳文社
2021-07-27
現実の展開を元にした作品ですので試合結果が分かってしまう、『私を球場に連れてって!』はそんな作品で、それは最終巻でも変わらずでした。それでもこれまで取り上げてきたアレコレを踏まえた野球観戦の歴史と共に続くであろう彼女たちの変わらない友情を示唆した最後の数ページは「グランドフィナーレ」にふさわしい物語だったと思います。
こみっくがーるず (7)
はんざわかおり
芳文社
2021-03-26
『こみっくがーるず』7巻の柱となっている物語は、色川琉姫の妹である色川美姫とそのルームメイトの私部くりすの話という事でかおす先生を始めとした主要キャラの出番は少し控えめになっております。雑誌連載で追っていた時はイマイチ感が過ったのですが単行本で通して読んでみると無茶苦茶完成度の高い話であったと思い知らされました。中盤での2人の衝突からの解決がワンテンポ置いて終盤の話に活かされており1本の青春物語として非常に読み応えのある作品となっております。単行本の通し読みで真価が発揮される作品はいくつかございますがこの巻もその中の1つだと思います
恋する小惑星 (4)
Quro
芳文社
2021-05-27
『恋する小惑星』は「地学部」の物語である、ということをまじまじと見せつけられた様な気がするのが『恋する小惑星』の4巻でした。前巻ラストで「地学部は宇宙みたい」を体現するかのような文化祭回からの新部長による「廃班置研」宣言。本当の意味で1つになった「地学部」と成長した新部長による「これからの『恋する小惑星』」を予感させる序章みたいな1冊だったと思います。
ぼっち・ざ・ろっく! (3)
はまじあき
芳文社
2021-02-25
これまでの話は後藤ひとりに焦点が当たる事が多かったですが前巻終盤で結束バンドの実力を指摘されたのに対して「結束バンド」として共に進んでいく事を明言した事もあり、この巻では山田リョウのスランプ、喜多ちゃんの悩み、伊地知虹夏の頑張りといった様に結束バンドのメンバー全員にスポットが当たっております。勿論、要所要所で見せるキレッキレのギャグも健在でストーリーにより深みを出していると思います。

stardust_2638さんと似た人

合鍵 文絵
きゃべつ牧太郎
あんまきまき
まきまき
ぱと。
フエ@脚力EF-SE
かがみ餅
かいまん
MHR
ほげぴよジロー
ウルシ科
青木毎さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加