neon13201537さんの選んだ新刊部門4コマオブザイヤー2021!

ホレンテ島の魔法使い (1)
谷津
芳文社
2021-02-25
本作は魔法使いの伝承を観光資源にしたとある島が舞台となっています。あくまで想像上の話とされていた魔法使いが実在するという「夢」を見た主人公の周りで、話を追うごとに色々な事実が分かっていく様子は読者をワクワクさせてくれます。また観光の島であるホレンテ島の「現実」も細かな設定のもとに描かれており、そっちの方面でも読みごたえがあります。ミュージカルのように歌って踊るシーンが多く、個人的に今一番声つきで見たい作品です。
六条さんのアトリビュート (1)
セトユーキ
芳文社
2021-03-26
作中で説明される美術関係の雑学が豊富で、まるで美術の教科書を読んでいるかのような感覚に陥ります。こう書くと堅苦しく見えますが、幽霊だけどどこか抜けていて愛嬌のある六条さんのキャラクター性が作品を面白く引き立ててくれます。
瑠東さんには敵いません! (1)
相崎うたう
芳文社
2021-09-27
本作は基本的にメインキャラである瑠東さんと和村の2人のみで進行していくため、初見でも話に入りやすくなっています。登場人物は皆等身大の女子高生として描かれているため、そんな彼女たちのやりとりを見ていて思わずニヤけてしまうこと間違いなしです。
しあわせ鳥見んぐ (1)
わらびもちきなこ
芳文社
2021-10-27
趣味としてのバードウォッチングの魅力がこれでもかというくらい詰まった作品です。鳥の描写が非常に丁寧なので、まるで自分が鳥見をしているかのような気分にさせられます。自分探しに悩む主人公を中心としたストーリーも良く、もしかしたら幸せが意外な場所にあることに気づかされるかもしれません。
妖こそ怪異戸籍課へ (1)
柴朗
芳文社
2021-11-26
現代社会と妖怪を組み合わせるという物語設定がまず面白いです。妖怪がテーマですが怖いシーンは少なく、基本的にほのぼのとした雰囲気で進行していきます。他作品ではできない妖怪ならではのエピソードは予測不能の連続で、読んでいてワクワクします。

neon13201537さんの既刊部門4コマオブザイヤー2021!!

エンとゆかり (2)
しろううらやま
芳文社
2021-08-26
物語の核心に迫ったり伏線を回収したりと、ストーリーだけを見ても前巻より大幅にパワーアップしており読み応えがあります。また本作の目玉でもある4コマの描写の巧みさは相変わらずで読者の心を引きつけてくれます。2巻で終わるには勿体ない作品だと個人的には思います。
ななどなどなど (2)
宇崎うそ
芳文社
2021-04-27
主人公玉村小町が終始クズだった前巻と比べて、本巻では様々なイベントを通して成長していくシーンが多く描かれている……かもしれません。吉岡るるが可愛くて高山萌がヤバいのは相変わらずですが、それも本作の魅力ということでそのままでいてほしいです。
紡ぐ乙女と大正の月 (2)
ちうね
芳文社
2021-08-26
当時の政治から日常生活に至るまでの考証が丁寧になされており、大正ロマンの良さを最大限に引き出した作品であると言えます。ストーリーも新たな人物が登場することで関係性がより複雑に絡み合い、大正時代の時代背景も相まって感動的なものとなっています。
星屑テレパス (2)
大熊らすこ
芳文社
2021-09-27
キラキラ成分の強かった前巻から一転、同好会の活動が本格化し、主人公達が直面する壁も大きなものとなっています。本作の売りとも言える心情描写は相変わらず綺麗で、読んでいるこちらも心を打たれてしまいます。
ぼっち・ざ・ろっく! (3)
はまじあき
芳文社
2021-02-25
未確認ライオットに向けて本気を出しつつある結束バンドを皆で応援しましょう。前巻まで陰キャ全開だったぼっちちゃんもカッコいいシーンが増えている……ような気がします。きららの次期看板最有力候補。

neon13201537さんと似た人

アラブ人
蒼空
たのしいHückel則
サトレンコ
紫輝
たわし
いつか@C99「一日目東ネ10b」新刊予約受付中
妖精からっぽまる
㋝ ㋷ ㋓ ㋜
だいすき倶楽部
nora1(準備中)
なたまご
  • このエントリーをはてなブックマークに追加