iwasakiizumiさんの選んだ新刊部門4コマオブザイヤー2021!

六条さんのアトリビュート (1)
セトユーキ
芳文社
2021-03-26
『六条さんのアトリビュート』は教科書・・・と言いたくなるくらいの美術史(時々雑学)に纏わる知識が盛り沢山でした。学校の図書室や図書館に置いてあっても過言ではないと思います。それだけでなく、六条さんのどこか不思議な存在、六条さんに関わってからのこのみちゃんの成長も印象に残りました。
ぎんしお少々 (1)
若鶏にこみ
芳文社
2021-07-27
もゆるちゃんと銀ちゃんの不器用すぎる人間関係や距離感、前作にもあったすれ違いや、リアリティのある女子トークによる面白さ、妹達と姉達による【1つの作品で2つの物語を楽しめる】部分などに惹かれました。そして何より、作者のフィルムトイカメラ熱が凄いですね。私はこの作品で、Dianaカメラの存在を知りました。
オルタナティブメランコリー (上)
渋谷一月
竹書房
2021-07-28
世良君達のすれ違う想い、そして彼らのとるリアクションにクスッと笑えました。特につくしちゃんやユリちゃんの表情や仕草は印象に残りやすく、キュンとなった部分が多めでした。画風も含め全体的に優しい雰囲気でありながら、時折インパクトのあるボケやツッコミがあるのも良かったです。
しあわせ鳥見んぐ (1)
わらびもちきなこ
芳文社
2021-10-27
まんがタイムきららから出た野鳥教本といっても過言ではないくらい、幅広い野鳥知識、そして鳥見に関する情報が盛り沢山でした。野鳥の描き込み具合、4コマの形を意図的に崩して野鳥を目立たせるなど、一目見るだけで作者の野鳥(鳥見)愛を感じるのが良かったです。それだけでなく、鳥見を通じて、すずちゃんの成長を描けているのも印象に残りました。
今日の授業は恋愛です! (1)
つみきつき
芳文社
2021-10-27
さがりちゃんを中心に、メインキャラ5人をイベントを通じて、1人ずつ掘り下げていったのが印象に残りました。そのため、【このキャラのここが良い】というのが明確に分かりやすく描かれていたと思います。普通の授業ではまず見かけない、恋愛科ならではのぶっ飛んだ面白おかしい授業内容も良かったです。

iwasakiizumiさんの既刊部門4コマオブザイヤー2021!!

ぼっち・ざ・ろっく! (3)
はまじあき
芳文社
2021-02-25
1巻、2巻に残るぼっちちゃん達のインパクトに残る表情、行動はそのまま、益々成長していく結束バンドの姿が描かれていたと思います。ライブシーンの見せ場もしっかりと伝わりました。この巻にて本格登場したヨヨコちゃんの存在も良かったです。
恋する小惑星 (4)
Quro
芳文社
2021-05-27
4巻も可愛さがあり、そしてためになる話が多かったですが、その中でも地学部2度目の文化祭の話はとても印象に残りました(イノ先輩視点という意味でも)。益々みらちゃん達(地学部)の活動に目が離せません。
よーじょらいふ! (2)
あまー
竹書房
2021-06-07
アキヒコ君の可愛さ溢れる幼女生活は勿論、幼女化がバレないように振舞う滑稽な姿も良かったです。特に、かなでちゃんの誕生日会の話は良い意味でヒヤヒヤする感じが印象に残りました。
しょうこセンセイ! (3)
なじみ
芳文社
2021-06-25
リベットちゃんとの出会い、文化祭、そしてサクラバ所長の一件を通じ、翔子先生が【一人前の先生】としての姿をしっかりと見せた完結巻でした。最後の物語の締め方まで印象に残りました。『しょうこセンセイ!』は癒し・・・でも、それだけじゃない魅力も沢山詰まっています。
紡ぐ乙女と大正の月 (2)
ちうね
芳文社
2021-08-26
雪佳ちゃんの一件を通じ、1巻以上に紡ちゃん達の関係をより深く掘り下げていたように感じました。大正に纏わる様々な物事に対しての並々ならないこだわりは、1巻に引き続き流石でした。

iwasakiizumiさんと似た人

MHR
sa.
きらら好きなneon
アイマイ
染井本夜(もよ)
屑藻津 きな
ウルシ科
マヤさま
りえーぶる△
倉
かがみもち
サトレンコ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加