Cotswolds0405さんの選んだ新刊部門4コマオブザイヤー2020!

星屑テレパス (1)
大熊らすこ
芳文社
2020-07-27
宇宙人やテレパシーが絡んだスペース・ファンタジー的な要素と本格的な小型ロケット飛行のディティールを織り交ぜながら、様々な形で「ひとりぼっち」な少女たちが互いに結ぶ絆を巧みに描いた傑作が生まれた。特に、物語にピリリとした刺激をもたらす苛烈な技術屋少女・雷門瞬のキャラ造形が白眉。令和初の『まんがタイムきらら』ゲスト作品の一つとして始まった本作は、名実ともに「令和の象徴」たるに相応しい品格を備えている。
エンとゆかり (1)
しろううらやま
芳文社
2020-09-25
RPG的なファンタジー世界をマイペースなユーモアと現実感で解体し、少女たちの生活の舞台として描く……に留まらない奥行きを持つ一本。魔王復活をめぐる陰謀劇や「勇者」といえる存在を敢えて背景に置き、危機感のある日常という独特のムードを醸成している。そして最大の見所は、4コマ漫画が持つ「連続した映像の表現に長ける」という性質を使いこなしたアクションシーン。一手一手の応酬を絶大な臨場感で描く筆致は、ぜひ自分の目で確かめてほしい。
紡ぐ乙女と大正の月 (1)
ちうね
芳文社
2020-06-26
今熱い時代「大正」に深く切り込んだタイムスリップ女学校百合4コマ。魅力はなんといっても、竹を割ったように明快に個性付けされた「萌え4コマらしい」キャラクター性と、実在した歴史的事象に対する写実性が織りなす鮮やかなコントラスト。真摯に史料や現存するロケーションと向き合うことで今と異なる時代を舞台とした『きらら』を実現した本作は、「日常系」と呼ばれるジャンルが本質的に有する普遍性を改めて確立する記念碑となるだろう。
ななどなどなど (1)
宇崎うそ
芳文社
2020-03-27
去年の新刊部門を制覇した『ぼっち・ざ・ろっく!』に続いて『まんがタイムきららMAX』が送る、最新最強の「陰キャもの」が登場。とんでもない資金力と腐敗した人間性を持つお嬢様と、彼女を支える脳天気なアンドロイド……という荒唐無稽な導入からは想像もつかないほど「生っぽい」質感の人間関係やスクールカーストの描写が、心にグサグサ突き刺さる。作者の宇崎うそ先生が今年の超大型コンテンツ『プロジェクトセカイ』での漫画担当に抜擢されていることもあり、もっと注目されるべき逸品だ。
未選択

Cotswolds0405さんの既刊部門4コマオブザイヤー2020!!

きんいろモザイク (11)
原悠衣
芳文社
2020-04-27
最良の漫画とは、最良の完結を迎える漫画である。
スロウスタート (8)
篤見唯子
芳文社
2020-10-27
ついに明かされる秘密。されど終わらない日常。ひとが不器用に懸命に生きているだけでそれは「物語」であると雄弁に示す、会心の一冊が来た。
未選択
未選択
未選択

Cotswolds0405さんと似た人

ほしぞら@BL
翁
なをををををを
でんか
しいたけ
金具(*∂v∂)
半透明
はとさめ
今人
安藤
Nishimori Shigeaki
21emo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加