yuzuoshi_akiさんの選んだ新刊部門4コマオブザイヤー2022!

コンビニ夜勤のあくまちゃん (1)
なじみ
芳文社
2022-08-26
ササエルの中には誰もいない (1)
こめつぶ
芳文社
2022-09-27
白魔導士はゾンビの夢を見るか? (1)
バニライタチ
芳文社
2022-11-26
リリカお嬢様に振り回される! (1)
メイス
芳文社
2022-09-27
未選択

yuzuoshi_akiさんの既刊部門4コマオブザイヤー2022!!

ご注文はうさぎですか?(10)
Koi
芳文社
2021-12-25
4巻からずっと描かれてきた、お姉ちゃんに勝ちたいココア。 姉譲りの努力家は、ついに己の歩むべき道を決めた。 かつて、あやねるが「何も起きないのに人気が出て驚いた」と語ったのとは裏腹に、物語は着実に未来へと進んでいく。 そのことに動揺するチノへのフォローを欠かさないココアは、根っからのコミュ強だからか、それとも自身が寂しがり屋だからチノのココアシックを察してしまうのか…
ホレンテ島の魔法使い (2)
谷津
芳文社
2022-03-25
1巻同様、日常回の中に多くの情報と伏線を散りばめ、終盤のクライマックスに向かって収束していく。 単行本1冊単位で起承転結、すなわち4コマをやるという構成の妙。 「軽い物しか動かせないテレキネシス→原子単位で動かして発火現象→パイロキネシス習得」のように将来性を感じさせるキャラもいて、2巻完結が惜しまれるものの、描き下ろし部分で皆がこれからどうなっていくのか示唆されているのが嬉しかった。
ぎんしお少々 (2)
若鶏にこみ
芳文社
2022-06-27
消極的かつ巻き込まれ体質の少女、藤見銀。 もゆるとも鈴とも微妙な間柄の彼女が、(相変わらず周囲に振り回されながらも)ほんの少しずつ距離を詰めていき、ついにはトイカメラを手にする。 分かりやすさや展開の速さが求められる昨今の風潮とは対照的に、ゆっくり、じっくりと変わっていく関係性。 銀の愛すべき不器用さも、写真を撮る姿も、もっと見ていたかった。
またぞろ。 (2)
幌田
芳文社
2022-06-27
1巻ラストの決意は早々に折れ、自堕落に舞い戻ってしまうダメ主人公・穂波殊。 そんな彼女を無理矢理立ち上がらせようとする激重幼馴染・堤麻里矢。 真綿で首を締められるような不安、そして頑張っても空回りするだけで成長できない殊の停滞ぶりは、「安易な救いなどない」「簡単に強くなれたら苦労はしない」というリアリティがある。 しかし、自身の境遇を決して人のせいにしない殊は間違いなく善人で、そんな彼女を完全に見捨てるほど世の中は酷薄でもないと感じる。 最後に登場する広幡日詠は、殊とは対照的に他罰的で、ある意味で殊以上のダメ人間。 一難去ってまた一難の殊に、心の平穏は…訪れなさそうだなあ…
星屑テレパス (3)
大熊らすこ
芳文社
2022-10-27
前巻で空中分解してしまった、ロケット同好会の再生の物語。 とりわけ、何かとギスギスしがちだった雷門瞬にスポットを当て、どうやって立ち上がるか、そして本当の仲間になるかが描かれる。 大会で敗れる前は、勝利を貪欲に求める瞬と温度差を感じていた他の三人。 しかし敗戦と再起を経て成長した皆は、瞬の強さと…その裏に隠れた弱さを、すべて受け入れる度量を身につけていた。 少女漫画の繊細さと、少年漫画の前向きさを併せ持つ王道路線…と喜んだのも束の間、なに黒くなってんだ宇宙人!

yuzuoshi_akiさんと似た人

移戸
かいまん
けいえぬ@アドカレ進捗5/5
堅魚
ありのか
いふゆ✨
渓埜 胡保 @ アニメときららと日々の戯言
ひろみね
エテ
ほしぞら
kitaguni (きたぐに)
名港中央
  • このエントリーをはてなブックマークに追加