gorimuchu67rさんの選んだ新刊部門4コマオブザイヤー2021!

ホレンテ島の魔法使い (1)
谷津
芳文社
2021-02-25
魔法使い伝説を観光の目玉にしているホレンテ島。そこに本物の魔法使いをさがしに来た少女あむさん。彼女が出逢う様々な“魔法使い”たちとの交流を描く4コマ作品です。「誰でも魔法使いになれる島」といっても観光のためのうたい文句、誰も魔法を使えるわけではないけれど、そこにある楽しさは本物で、これこそが魔法なんだ…と思いきや、不思議な出来事も起こったりして本当に魔法があるのかどうか気になる内容。夢の終わり「ざんねん坂」など、島を離れると魔法(楽しさ)が切れてしまう場所など興味深く引き込まれる話でしたね。はたして魔法はあるのか?そこで出逢った少女たちとの交流共々、目が離せません。
ずぼら先輩とまじめちゃん (1)
東385
竹書房
2021-07-27
仕事はバリバリできるのに自宅だとぐうたらな先輩・ずぼらさんと、そんな彼女を放っておけない几帳面な世話焼き・まじめさん。そんな2人の日常コメディ作品です。マイペースなずぼら先輩に振り回されつつも、あれこれ注意して世話を焼くまじめさんは、むしろ先輩大好きっ子な感じ。同期の男性社員や謎の男性がずぼら先輩に近づくと気になって仕方なくなるあたり、百合コメディとしての面白味もあります。ずぼらとまじめ、ありがちながらもゆえに王道な関係性が楽しませてくれる4コマ漫画ですね。
姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い(1)
安田剛助
メディアファクトリー
2020-12-26
ハイスペックなのに負けヒロイン属性な姫ヶ崎櫻子さんの物語。巨乳金髪ツインテな櫻子さんは、三森夏樹くんの幼馴染。彼のことが好きなのに、冒頭いきなりよくある“運命の出会いシーン”を別のヒロインにとられてしまう不遇さ。他にもあれこれ間が悪かったりドジったり、あまりに不憫な様子が可哀想ながらも可笑しい内容になっています。まあ、ちょっとやりすぎ感あって引く部分もありますが、もう1人のヒロイン・榊雪菜さんをはさむことでラブコメ度が高くなってゆくので、そこが楽しみ要素ですね。エロコメ感あるので苦手な人苦手かもですが、2巻では第3のヒロインも登場して今後が楽しみな作品です。
マチ姉さんのポンコツおとぎ話アワー
安堂友子
ぶんか社
2021-04-14
誰でも知っている童話・おとぎ話が、マチ姉さんにかかると奇想天外とんでもない内容に!?といった感じの4コマ作品。鶴の恩返しでは恩返しのため機織りを学ぶも、そこで幸せな生活を見つけ恩返しが遅れるとか、桃太郎では文化的な鬼たちが野生動物からの感染症を恐れて逃げ出すとか、マッチ売りの少女が自分で経営者になって自伝物語を売るとか、あらゆるお話が可笑しなことになってしまう内容が面白いですね。まあ、夢がなさ過ぎて殺伐とした気分になる可能性もあるやなしやですが、なかなか楽しい作品です。
モノローグ書店街
小坂俊史
竹書房
2021-03-27
「本と書店を愛するすべての人へ(帯文)」。様々な書店に勤める様々な書店員さんたちが、それぞれの日常の中で想いをつづるお話。ある書店の女性はいろんな作者のいろんな本を売ろうとポップ書きやコーナーづくりを頑張りつつも、当てが外れたり開き直ったりする様子が面白い。また作家志望の書店員さんの複雑な思いやら、花屋の隣にある本屋さんの女性と花屋さんとの関係やら、古本屋の店主のこだわりなどなど、様々な書店の人々による日々の言葉の連なりが可笑しかったりしみじみしたりと、上質に楽しませてくれる作品になっています。

gorimuchu67rさんの既刊部門4コマオブザイヤー2021!!

NEW GAME! (13)
得能正太郎
芳文社
2021-09-27
「明日も一日がんばるぞい!(帯文)」ということで、ゲーム会社に勤める青葉さんの物語もついに完結となりました。話はキービジュアルを青葉さんが描くかどうか、コンペで決めることになるも今まで彼女はコンペで勝ったことがない。追い込まれ自分が情けないと落ち込む青葉さんは立ち上がれるのか?と気になる内容となっていました。そして、その後は新たに入って来る社員たちや変わってゆく社内チームと、新しい風が吹いて来る様子が清々しかったですね。あと温泉旅行に誰を連れてゆくかも気になったと所でしたが納得の人選。などなど、最後も盛りだくさんで面白かった。私は連載1話目から読んで注目していましたので、アニメ化からこのラストまで本当に楽しませていただきました。ありがとうございました!
ひとりぼっちの○○生活 (8)
カツヲ
アスキー・メディアワークス
2021-06-25
こちらも最終巻。主人公ぼっちさんがクラスみんなと友達になる約束は果たされるのか?気になる最後でしたが、最後の1人のあの人と友達になる瞬間、クラスが一体になっていたのは楽しかった。そして卒業、かいちゃんとの再会と、物語は佳境を迎え大団円。この作品は極度の人見知りな主人公が友達を作るために頑張る話でしたけど、私がとくに好きだったのは、挙動不審な主人公に対して「変」と思う人はいても拒絶する人間がいなかったことでした。これが“普通”として描かれる点が本当に素晴らしかった。そんな本作も終わりということで寂しくはあるのですが、キレイにまとめてくれたラストに最大の賛辞を贈りたい気持ちです。楽しませていただきました!
あいまいみー (11)
ちょぼらうにょぽみ
竹書房
2021-07-07
大正時代に来て初めての夏休み、紡さんは唯月さんの別荘へ。そこで出会った少女・雪佳さんは唯月さんと何やら関係が…って、これ『紡ぐ乙女と大正の月』2巻のあらすじやないかーい!本当はこちらを選ぶ予定でしたが『あいまいみー』も最終巻とのことで、選ばざるを得ませんでした。本作は漫研少女たちが侵略者と戦ったりトーナメントしたりコロし合ったりする4コマ作品でしたが、真面目な話めっちゃ面白かったんですよね。最後もあいはまいでまいはみーでみーはあいなんだという流転の運命の中でもがく少女たちが魂を磨く旅路で云々……空間と時間とあいまいみーの関係はすごく簡単なことなんだ以下略
幸せカナコの殺し屋生活 (6)
若林稔弥
星海社
2021-11-08
ブラック企業から転職したら殺し屋になっていたOL・西野カナコさんの物語。この巻では先輩の命を狙ってきたカナコの殺し屋仲間たちとのお話中心に進んでいましたが、この中でのカナコの特異性というか、浮いた感じがよく出ていて面白かったですね。最後の場面も「おっ」と引き込まれる盛り上がりでしたし。本作は今年買いそろえたのですが、正直はじめは主人公のサイコパスっぷりが苦手だったんですよね。しかし連載にて4巻あたりの話で注目して、このサイコっぷりが彼女の殺し屋稼業と日常での特異性を生み出していると感じ受け入れられた印象。まだ苦手感はありますが、それをしのぐ面白さなので今後も期待したい所です。
艦隊これくしょんー艦これー4コマコミック吹雪、がんばります! (17)
桃井涼太
エンターブレイン
2021-07-15
こちらも最終巻。「艦隊これくしょん」のキャラクター艦娘たちの日常を、主人公・吹雪さん中心に描く4コマ作品でしたが、最後もいつも通りに新しい仲間や任務、おかしな日常風景が繰り広げられる内容でしたね。最後の話もいつも通りな感じで「明日へ」といった雰囲気が出ていてよかった。描きおろし漫画(1)では一気に28人の新艦娘がやって来て壮観でありましたし「またいつかどこかの海で」とのことで、再び会える日を待っています。やっぱり「艦これ」は吹雪主人公でなくちゃね(万年秘書艦吹雪提督)。本当に長らく楽しませていただきました!!!

gorimuchu67rさんと似た人

さぬきじゅごん
乗合自転車
gori.sh/aoki/140コロニー/comitia
綿毛フワフワ
濡れ衣
Misosoup
軍鶏D(毒蛇)
ありのか
ボロ教
りら
たかひろ@研究館
雷電
  • このエントリーをはてなブックマークに追加