11gatsu_remmeiさんの選んだ新刊部門4コマオブザイヤー2021!

ぎんしお少々 (1)
若鶏にこみ
芳文社
2021-07-27
同じものでも近しい人でも人によって見え方が違っていて、それが写真撮影を通じて繋がっていくというのを描いている作品です。見え方の違いは例えば姉が妹にカメラをプレゼントするシーンでは、姉から見ると色々思いを込めた良いシーンとして描かれている一方、妹から見た別のシーンでは期待したものと違っていてがっかりしたエピソードとして描かれています。そんな風に、仲が良い姉妹や双子でもちょっとずつずれた心情が、口語的なセリフと共に描かれていく作品です。
またぞろ。 (1)
幌田
芳文社
2021-04-27
高校を様々な理由で留年した3人と、留年しそうな1人を中心に、足りないところと余っているところをお互いに上手く補ってなんとか上手くやっていく、そんな作品です。
しあわせ鳥見んぐ (1)
わらびもちきなこ
芳文社
2021-10-27
バードウォッチングをテーマとした作品ですが、人と鳥との関係や、鳥と美術の関係が合わさってよりおもしろくなっています。
しずねちゃんは今日も眠れない (1)
逸見
芳文社
2021-04-27
きららの中でも、こどもっぽい可愛さがつよい作品です。転校した学校に慣れず寝不足なしずねが買った抱き枕が人の形になって、寝不足が解消したりしなかったりして少しずつゆっくりと学校に馴染んでいく様子がゆったりとしたテンポと低い彩度で描かれています。夜にリラックスして読める作品です。
のむラリアット! (1)
こんぱる&ふじしまペポ
芳文社
2021-03-26
プロレスを題材にした、きららではめずらしい作品です。各選手の闘い方のスタイルの違いや、技をかけるスピード感が4コマのフォーマットの中で巧みに表現されています。

11gatsu_remmeiさんの既刊部門4コマオブザイヤー2021!!

まちカドまぞく (6)
伊藤いづも
芳文社
2021-02-25
6巻になってキャラや物語が良く言えば安定、悪く言えばマンネリ化するかと思いきや、しおんや桃の大きな過去が明らかになったり、個性的な同級生が出てきたり、そしてなによりこれまでよりずっと危険な敵が出てきたりと勢いは留まりません。
星屑テレパス (2)
大熊らすこ
芳文社
2021-09-27
2巻はいよいよ本格的にロケット作りに移ります。そして同時にロケット研究同好会の会長として同好会という場所を作っていきます。しかし、同好会となったことで他校の部と自分達が比較可能な存在となり、各メンバーは押し潰されていきます。一方、そこからまた固め直すきっかけを与えてくれるのもまた同好の士である他校の部です。 この作品を読み始めたころ、コミュニケーションと宇宙をテーマとした上で自分の星に帰れない宇宙人が出てきたので、電波とかで故郷の星と交信する方に行く(E.T.とか)かと思っていました。なので地道に有人ロケットを作って宇宙に行こうとするのは意外でした。しかも特別な技術は出てこなくて現実的なモデルロケット作りをきっちりと描いていって、すごいというか、どうなるんだろうこれ、とずっと思っています。
恋する小惑星 (4)
Quro
芳文社
2021-05-27
きら星チャレンジも終わってイノ部長と新1年生を交じえた新体勢で進む4巻です。カバー下裏とか3巻バーベキュ回とか、ものを食べるチカがかわいい。
ゆゆ式 (12)
三上小又
芳文社
2021-11-26
もう12巻で安定しつつ、かといってネタ切れする訳でもなく続いています。ゆゆ式はネタや会話は独特な一方、4コマ表現としてはコマの外にふき出しが出ることもほとんどないくらいオーソドックスで、だからこそその枠の中で繰り広げられる会話や行動が引き立ちます。 きららの雑誌全体を見ると、ゆゆ式のような安定した作品があるからこそ、実験的な作品が出ても安心して読んでいられる感があります。
下を向いて歩こう (2)
湖西晶
芳文社
2021-01-27
友達と一緒に海に行って、自分達が生れる前の古いものを発見したり、ちょっと怖いものを見付けたり、そして1話と対になるようなドラマチックなシーンなど、映画的な雰囲気のある作品でした。

11gatsu_remmeiさんと似た人

kamurimoe
寝
あお
轟鈍@わたしたちの新世界へ
加古
さむさむみかん⛄️
れいと゛
Lufanan
せいら
もあいやん
Arc
ねここ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加