decogumさんの選んだ新刊部門4コマオブザイヤー2018!

ちんまり経理のヒメ先輩 (1)
kera
芳文社
2018-06-07
表紙から見切れているが主人公の若林さんが地味にいい人。素直で気配りもそれなりにできる。なのにヒメちゃんのお年頃な気持ちに対してだけは基本的に失礼である。職場で同居という日常の中で、二人の関係が「できる先輩と新入り従業員」と「親戚のお兄さんと思春期の少女」との間を行き来する微妙な距離感が面白い。
梨花の下で 李白・杜甫物語
杜康潤
中経出版
2018-07-26
李白と杜甫の物語ではあるが、阿倍仲麻呂をはさんで描かれているところに工夫があって面白い。これまで自分は杜甫にあまり興味がなかったが、この作品に出会って少し見方が変わった。
瀬戸際女優!白石さん (1)
櫻井リヤ
芳文社
2018-06-07
白石さんの元ヤンぶりがいい感じに笑いを生んでいるのだけれども、白石さん本当にピュアでいい人すぎる。白石さんに幸あれ。
未選択
未選択

decogumさんの既刊部門4コマオブザイヤー2018!!

ごにんばやし (2)
水瀬るるう
芳文社
2018-06-07
和楽器や演奏の描写が丁寧で生き生きしていて素晴らしい。今時の女子中高生達が今時のキカイ(パソコンとかライブハウスとか)を使ってイロイロ頑張っているのも素晴らしい。べこ素晴らしい。自分的ハイライトはしおんの三味線路上ライブ。素晴らしい!
サトコとナダ (2)
ユペチカ
星海社
2017-12-08
異文化交流と一口に言うが、互いを知るということの大切さが、日本とサウジアラビア(イスラム)という対比でなく、どちらかのホームを舞台とするのでもなく、サトコとナダ、二人の米国留学中のルームシェアを通して描かれるところが絶妙。等身大の女性の実感を通したイスラムを知ることができてとても楽しく読める。3巻も良いが、これからナダの婚約をめぐって盛り上がる前の、この巻のラストでナダがサトコに言うセリフはルームシェアをした相手にとって最高のものだと思うのでこちらに投票。
ローカル女子の遠吠え (4)
瀬戸口みづき
芳文社
2018-10-05
静岡ご当地ネタとローカル人間模様の両方ともに大変読み応えのある作品。静岡大好きです。りん子さんに幸あれ。あとハッチも。でも伊豆の油野さんが一番好きです。
未選択
未選択

decogumさんと似た人

R・こばやし/dion軍
泣き虫な黒猫
フモトケイ
とおる
えむ@ようこさま
Akaimiso
ゆずね(栗持って帰れ冷蔵庫)
Toshi
運河 湖水
雷電・リチャード・五郎
aoki/140コロニー/comitia
リハガミ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加