birdshark3さんの選んだ新刊部門4コマオブザイヤー2016!

おちこぼれフルーツタルト(1)
浜弓場双
芳文社
2016-04-27
とにかく、メインとなる4人のアイドルがかわいい+あざとい。 しかし彼女たち、純真無垢かと思いきや一癖二癖あるインパクトの強いキャラなのである。 ただそんな癖も、ある意味女子高生らしい微笑ましさがある。
はんどすたんど!(1)
有馬
芳文社
2016-07-27
ななみの表情がほぼ一貫しておりそれがかなり印象に残るのだが、なんのそのと言わんばかりに 周りのキャラの味やキレの良いギャグが豊富。 体操が題材だが、その手の知識が疎くても無問題なぐらい面白い作品。
きらりブックス迷走中!(1)
はまじあき
芳文社
2016-09-27
お嬢様きらりの天然や、彼女の発想するダイナミックなギャグによる掻き乱しっぷりは流石金持ちとツッコミたくなる。 空回ることも多いが、彼女の推し作品にかける「愛」は嘘偽りない本物であり、その熱意は僕自身見習うべき点もありました。
リトル・リトル・アリス(1)
神無月羽兎
芳文社
2016-09-27
時に理不尽、時に(町が)吹っ飛び、時にシュール。かなりギャグに寄った4コマ作品。 テンポが良く、作風のおかげか多少ぶっ飛んだ展開でもあまり悪印象がない。 自分が今回投票した作品の中で一番やりたい放題している作品かもしれない。
悟れ!弥勒ちゃん(1)
ぼるぴっか
一迅社
2016-11-22
仏様だって悟らずに世俗の煩悩に溺れたい。 でもそれって、裏を返せば現代が楽しいってことでもある。 読めば読むほど徳が積めるので読んでみよう(個人差あり)。

birdshark3さんの既刊部門4コマオブザイヤー2016!!

GA 芸術科アートデザインクラス(7)
きゆづきさとこ
芳文社
2016-02-27
先輩と後輩、先生と生徒。学園作品で重要視されやすい人間関係ですが、この巻では1巻から歩んできた、そして直近の話で出来たその関係が上手い具合に混ぜ込んでるなって感じました。 1巻から巡り経った作中の1年間。最終話は、環境が今までと変わっても5人の仲や掛け合いはいつもと変わらない、過ごした1年が培った絆があるように思えました。
ブレンド・S(2)
中山幸
芳文社
2016-02-27
色んな属性持ちのキャラがいるこの作品、新たなキャラも増えて店内はよりカオスに。 それでも不協和音が起きることなく、むしろこの属性だからこそできる話の回し方をできるのはこの作品の強みの1つだと思います。
幸腹グラフィティ(7)
川井マコト
芳文社
2016-09-27
食べ物で繋がっていく人間関係は、時に友人との、時に家族との溝を埋めていって、ラスト3話はその集大成そのものでした。 だからこそ最終巻の表紙や最終話掲載時のきららミラク表紙を見ると、本当に感慨深かったです。 最後までブレることのないメシの描写ももちろん見所。
まちカドまぞく(2)
伊藤いづも
芳文社
2016-10-27
2巻にして速くも1つのターニングポイントが訪れ、思わず息をのみました。 1巻と合わせて読んでいくと、話と話の繋がりやキャラ達の関係性・心情の変化など、新しい発見が多かったです。 1巻と同じく、散りばめられた小ネタも探してみるのも一興です。
月刊少女野崎くん(8)
椿いづみ
スクウェア・エニックス
2016-08-22
8巻まで行く実力は伊達じゃなく、面白さが安定している。 時にボケ担当に、時にツッコミ担当になる両刀なキャラが多く、故にキャラの掛け合いパターンが多いのも魅力の一つ。 7巻も投票対象だったけどどっちも面白いので今回は最新巻のこちらに投票。

birdshark3さんと似た人

坂入慎一(生きてる)
☕︎
なをををををを
neo
あああ.あうふすとぅす
大福いちご
んきりも
ひので
千歳とせ
百合ゲラー
如月@ポンコツ魔族
カントク(みかん味)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加